FMシンセを使おう

FMシンセを使おう


 海外のトランス・プログレシッブハウスで使われるような
カッコイイ、FMシンセの音色について、どのシンセが使えるか紹介していきます。

FMシンセはかつてDX7で一世を風靡しました、しかし、日本の音楽クリエイターは
それほど上手に使いこなせていなかったのです。

ところが
天才サウンドデザイナーでもあるハスキーや海外のサウンドデザイナー(主にN.I)によって
新しくカッコイイサウンドが大きく追求されました。

fm8.gif
そのサウンドが大きく変遷したのはFM7の自由度の高いマトリックスが
大きく影響を与えました。

matrix_fm8.gif
(いわゆる3OPのタワーが二つというものです)

そしてFM8は現在でも定番として君臨し続けている傑作ソフトシンセになりました。

さらに新しいFMサウンドは、SynthMaster、BLUEなどに受け継がれています。

最近のFMシンセはプリセットがかなり充実しています。ここには、それらを載せていきます。 [#ce122bf1]

FMシンセ


・NATIVE INSTRUMENTS FM8

古典的FMシンセ、永遠の定番です。
エキスパートモードにて6OPを自在に組み合わせて音作りも可能。DX7+αです。
元になったDX7から、使用できる波形が増えている。

イージーモードで簡単にプリセットを扱うこともできるも人気の一つです。

・KV331 Audio SynthMaster

FMシンセです。 オシレーターを6OPのように使うことも可能。FM8とはまた違うFMサウンドです。
DX7ⅡFDのようなDX7二台分の使い方もできます。

・Tone2 Nemesis

新しいFMシンセです。4OPのFMシンセに加え、新しい未知数の実力を秘めています。

・Rob Papen BLUE

新しいFMシンセです。6OPのFMシンセだけでなく、クロスフュージョン・バーチャル・シンセサイザーとして
サブトラクティブ、フェーズ・ディストーション、ウェーブ・シェービングなども使用可能。
新しい可能性を秘めています。

・DiscoDSP Phantom

4OPのFMシンセです。古典的なFMシンセに、さらに機能が追加されています。
DX27 / DX21 / DX100 / TX81に相当します。

・Lin Plug Octopus
8オシレーターのFMシンセ+αです。

・ToneBytes FM-Four

4OPのFMシンセです。古典的なFMシンセに、さらに機能が追加されています。なんと無償です。

・PX7 FM Synthesizer(Rack Extension)

古典的FMシンセ、DX7相当です。

・Image Line Sytrus

6OPのFMシンセ+α。FMだけでなくRMもできます。

・Image Line DX10

シンプルなFMシンセです。探せば、GUIのシンプルなMaxim Digital Audio DX10も見つかるかも?
最初の一歩に。

(C) このページの画像、文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。

  • 最終更新:2013-12-16 21:00:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード