特集SYSTEM-8

ultimate_kompa300_60.png
大人気沸騰中100万回再生超え!!この勢いは止まらない!?
GetWild、泪のムコウ、コネクト究極のEDMロック&トランス&エレクトロカバー!
加えて、恋だより/YURiEなどオリジナル曲も多数収録!配信のみのボーナストラックも!

Roland SYSTEM-8

System8_s.jpg

JP-8000.jpg
Roland System-8は、同社のJP-8000/80x0の実質的な後継機です。

サブトラクティブシンセであり

その最大の特徴として、PLUG OUTを三台分使うことが可能!

はじめからJUNO-106や、Jupiter-8がPLUG OUTにプリインストール済み
(JUNO-106はVer1.11から対応)
(SYSTEM-8用Plug-Outシリーズ、SH-101は対応済み(SH-2,, PROMARS等)は順次リリース予定)

世界最高のシンセマスタ-のハスキーさんをはじめ

Ferry Corstern、BT、WillamOrbit、Lady GAGA、UnderWorld等
世界のビッグネームが待っていた
まさにRoland!と言えるシンセらしいシンセです。

そんな上級者が求めていたシンセでありつつも
初心者にとっても、シンプルなプラグアウトシンセ(特にJuno-106)が
用意された素晴らしいサブトラクティブシンセです。

System8_s4.jpg
初心者でも、PLUG OUT2ボタンを押せば、手軽に扱えるシンセに早変わりします!


System-8シンセサイザー

System-1から引き継がれた、System-8シンセサイザー部分は

System8_s2.jpg
オシレーター三基に基本波形+スーパーソウ系波形
(さらにSystem-1に追加された新波形も)

特に追加された新波形は、かつてのJP-8000にあった
FeedBackOSCなどの代わりとして使っていける鋭角的なサウンドが得意です。

System8_s3.jpg
JP-80x0系シンセを継承し、レイヤー/スプリットが可能

アッパー、ロワーで選択できる、定番のRolandの方式です。

System8_bend.jpg
ベンダー部分はRolandらしい伝統の操作系

特に、JP-80x0で難しかった部分が、
伝統の操作系に戻り、簡単に扱えるようになっているので
多くの人におすすめです

System8_filter.jpg
Rolandらしいフィルター

System8_amp.jpg
System-1から引き継がれた、基本のアンプ部分

System8_efx.jpg
現代の音楽シーンに必要なエフェクト

Roland System-8らしい、ディレイとコーラス、エフェクト

System8_arp.jpg
ステップシーケンサーも


System-8は、DAWやソフトシンセの鍵盤&コントローラーとしてもすごく活用できそう

オーディオインターフェイス MIDIインターフェイスを本体に内蔵している

USB AudioMIDI I/Fも内蔵し、オーディオインタフェイスとしても使える

そのサウンドをA I/Fを通してデジタルでDAWに送る事もできる上

これ一台でも、DAW環境を揃える事も可能

DAWソフトは付属していませんが、そこはStudioOne Primeを使うと上手に活用できると思います。

ハスキーのSYSTEM-1攻略ブック

SYSTEM-8でも使えるシンセの基本が満載!

system-1_book_dw.jpg

SYSTEM-1を購入したら?初心者向けの内容を中心にまとめて攻略!

これで君も、昨日とは一味違った・・憧れの自分に・・!一歩ずつステップアップ!?

「目次」
・STEP0 セッティング
・STEP1 演奏編
・STEP2 初級編:音色エディットについて
・STEP3 中級編:DAWを使って制作する
・STEP4 上級編:PLUG OUTを導入する

ハスキーのマスターオブシンセイズプロ

msspro.jpg

System-8を買ったけどシンセが上手に使いこなせない・・
しかし、そんなあなたでも、このブロマガを読めば、すべてのシンセを自由自在に操る
天才シンセマスターになれるかも!?

Rolandの初級シンセを中心に、中級者から上級者まで、有料ブロマガだから語れる究極のシンセテクニックが満載です。
とくにFA-06/08やIntegra-7、Jupiter80/50、JD-Xi、JD-XAを手に入れたら絶対に読むべき素晴らしい内容です!
System-1やGAIA、JP-80x0なども!

買っただけで眠ってしまったシンセが不死鳥のように蘇る!?

(C) このページの画像、文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。スクリーンショットもEOS (イーオーエス)が撮っています。

  • 最終更新:2016-12-19 20:34:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード