特集SERUM

Xfer SERUM(セラム)


serum.jpg
カッコイイルックスの新しいシンセ
早速SERUMについて特集していきます。

このシンセはウェーブテーブルシンセサイザーです。

ウェーブテーブルシンセシスはあまり聞きなれませんが
かつてのWaldorf PPG、MicroWave、Qなどから始まり
ウェーブスキャンと名を変えMassiveのオシレーターとして登場したり
SynthMasterで蘇ったりもした温故知新の音源方式です。

定番シンセの音色から~ハードなリードサウンド~不思議なSEまで
いろいろな音色を作ることができます。

serum1.gif
定番波形から~デジタル、ウェーブテーブルまで
豊富なオシレーター波形

serum2.gif

serum3.gif
ウェーブテーブル波形は、通常の波形の他に
その内容までを立体化してグラフィカルに表示する機能が
新しく斬新です!


serum4.gif
ユニゾンもグラフィカルに表示

非常に強力なユニゾン機能で手軽に
スーパーソウが作れてしまいます。
DetuneとBlendで設定する部分はRoland JP-80X0とまったく同じです。

serum5.gif
バーチャルパッチで自由なモジュレーションを
行うことができます。Massiveと同じ設定方法になっています。


serum6.gif
ウェーブテーブルのポジションの位置も
グラフィカルに表示してくれます。

serum7.gif
SYNC、FM・・など多彩な変調方法も揃っています

serum8.gif
EGやLFOの種類は、EG三基、LFO四基になります。


serum10.gif
当然、サブオシレーターやノイズもあり

serum9.gif
豊富なフィルターが揃っています。


serum11.gif
豊富なエフェクター

serum12.gif
さらにモジュレーションマトリクスでも
バーチャルパッチが管理できるようになっています。
この部分はかなり便利そうです


つまりMassiveの操作性、シンセ方式を引き継ぎ
さらにグラフィカルに強力にしたシンセとなります。

凄く難しそうですが、思った以上に操作性もよく簡単なので
中級者から上級者にオススメのソフトシンセです。

(C) このページの文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。スクリーンショットもEOS (イーオーエス)が制作しています。

  • 最終更新:2015-03-09 15:11:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード