特集Reaktor6


NATIVE INSTRUMENTS Reaktor6

reaktor6.jpg
Reaktor6は伝説のインストルメントビルダーの最新版です。
新価格になり、より裾野が広がったイメージです。


新機能「Blocks」

reaktor6_blocks.jpg
最新の6では、従来のコア、マクロをつかった方式に加え、
新機能「Blocks」によるラックスタイルでのパッチングも可能になりました!

reaktor6_blocks_patch.jpg

これにより多少気軽に扱えるようになったと思います。

またBlocksにはROUNDSやMONARKのコンポーネントも含まれます!

reaktor6_monark_osc.jpg
MONARK OSC

reaktor6_rounds_delay.jpg
ROUNDS DELAY


人気ソフトシンセのコンポーネントは非常に魅力的です!

他に、ブティック~モダンまで様々な目新しいコンポネーントがあります!

ムービーで実際の動作をチェック!! 日本では流行のガジェットを連結したような印象!


膨大なReaktorインストルメント、エフェクト。無限に広がるユーザーライブラリー

reaktor6_inst.jpg
70以上のさまざまな付属のReaktorインストルメント、エフェクトも!

carborn2s.jpg
・Carbon 2
・Carbon
・FM4
・Green Matrix
・Junatik

reaktor6_lazerbass.jpg
・Lazerbass
・Steam Pipe
・Metaphysical Function
・WaveWeaver
・Travelizer
・Grainstates FX

など様々なインストルメントを活用することが出来ます。


reaktor6_userlib.jpg
さら数千に及ぶユーザーライブラリーのサウンドが利用可能です。


コア、マクロによるパッチングをさらに改良。インターフェイスの強化!

reaktor6_core_patch.jpg
改良されたインターフェイス。より視覚的にわかりやすいパッチングが
可能になりました・・!

これは従来からのReaktorユーザーには嬉しいアップデートです!!


強力なDSP技術

アンチエイリアス・オシレーター
ZDF(ゼロ・ディレイ・フィードバック)フィルター
グラニュラー・シンセシス・エンジン

等。わかる人にはわかる技術が満載です。この内容に関してはN.I.のDSPに関する記述を読むことをおすすめします(英語)

(C) このページの文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。スクリーンショットもEOS (イーオーエス)が制作しています。

  • 最終更新:2015-09-18 05:39:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード