特集Omnisphere2

Spectrasonics Omnisphere 2


omnisphere2_main.jpg
Omnisphere2はソフトウェアのマルチ音源です。
徐々に認知を高め、ついに人気ソフト音源の一つになりました。

大人気のFA-06のようなWS系シンセとして使っていけるでしょう。

大容量マルチティンバーオーディオシンセ


omnisphere2_multi.jpg
基本は大容量オーディオシンセで8パートのマルティチンバーも可能


omnisphere2_granu.jpg
優秀なグラニューラーシンセスも特徴の一つです。

その高品質なサウンドは多くの映画音楽に使われ
非常に定評のあるものになっています。

omnisphere2_slib.jpg
さらに最先端のエレクトロトランスのライブラリや
ゲーム機やオモチャの楽器、鍾乳洞で収録された音まで
さまざまなサウンドが、12,000以上含まれています。

omnisphere2_audio.jpg
最新シンセらしく、レイヤーなども可能


サブトラクティブ、ウェーブテーブルなど強力なシンセ部分


Omnisphere2は大容量オーディオシンセそれだけでなく、

omnisphere2_synth.jpg
シンセとしてのオシレーターやフィルター、エンベローブなどもあり、
しっかりとした本格的なシンセサイザー部分を持っています。


オシレーターには
SAWやSQUARE~などの基本波形だけでなく

omnisphere2_unison.jpg
スーパーソウ的な厚みのあるサウンドを生み出すためのユニゾン

omnisphere2_wave.jpg
ウェーブテーブルシンセとしても使える
さまざまな種類のオシレーターが
400ものバリエーションがあります。

サブトラクティブだけでなく、人気のSERUMのようなサウンドも
これ一本のソフトで出すことができるスーパーシンセです。


加えて一つのサウンドに10個ものオシレーターを重ねることも
可能です。


omnisphere2_filter.jpg
豊富なフィルターの種類は、サウンドデザインへの興味を
大きくさそう内容です!!


FM/リングモジュレーションを使って
さらに過激な音色加工も可能です!


強力なエフェクト、その他機能


omnisphere2_fx.jpg
Omnisphere2には従来からの豊富なエフェクターが
さらに25種類以上加えられより強力になりました!!

さら、初代のOmnisphereから進化して
ユーザー自身のサウンドライブラリーも追加可能に!


この内容はメーカーのプロモ映像でも確認できます。


omnisphere2_orb.jpg
そして初代からあった円形のOrbインターフェースは
さまざまな、パラメーターによる音色変化を
ベクターシンセ的に提供します。


最新のMIDI鍵盤とあわせて使ってみる


akai_advance.jpg
AKAI ADVANCEシリーズ

alesis_vi.jpg
ALESIS V&VIシリーズ

最新のMIDI鍵盤には、ソフトシンセをただコントロールする
以上の機能を揃えたものが多く出始めました。

特にAKAI ADVANCEのソフトウェアは便利に使えると思います。

(C) このページの文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。スクリーンショットもEOS (イーオーエス)が制作しています。

  • 最終更新:2015-07-19 17:17:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード