特集ハスキー3回目

ハスキー特集 第三回「Roland特集」


二回目はこちら、スーパーソウの再ブーム

haski.jpg

質問者: DAW.COM

現代の最高のシンセマスターであるハスキーさんに
インタービューと同時に、サウンドの秘訣に迫ってみた。

シンセマスターとは、主に海外のバークリー音楽大学関連の
天才的なDAWクリエイターに与えられる称号だ。
シンセサイザーウィザードにも近い呼び名である。
jp8080.gif
その世界に通じる実力は、高度な教育によって磨かれた正真正銘の本物だ。
ほとんどの国内アーティストと一線を画す、それは一体どこから来るのだろう?


新しいRolandシンセFA-06/08について


fa_first.gif

DAW.COM: FA-06/08について
ハスキー:この特集でRolandさんに向けて前に言ってたことが
  そのまま採用されてしまったよう

DAW.COM: それはそれで凄いですね。凄いネームバリューです。
ハスキー:そうだね。シンセのパブリシティって私が一番高いからね
  こぞって各社さんが使ってほしいという空気を発してる・・

DAW.COM: そうですね。なんでなんでしょうね?
      すでに浅倉大介よりもパブリシティがありますよね
ハスキー:たしかにね(笑)クリエイター達は腕に、実力に鋭敏だってことだね

DAW.COM: い、いや。それはいいすぎでは(笑)
ハスキー:まあでも勝てそうも無いこともまた事実だよね
  このあたり世界を見るか、狭い島国を基準にするかで相当違うでしょ

DAW.COM: たしかにそうですね、BTやFerry Corsternなど海外の天才たちと並ぶ
      そういう実力ですね
ハスキー:だね、海外はそれがあたりまえ。珍しくない。
      単に日本人が下手っていうことだね

adagio for strings - SPACE MASTER T.U.B.A.S.A Rework -



ハスキー:さて、さっそくFA-06でさらっと曲を創ってみた
DAW.COM: ・・!知らなければ、これTiestoが・・と言われても分かりませんね

ハスキー:そうだね(笑)
DAW.COM: 完全に洋楽ですね。このあたりが天才過ぎます!!

ハスキー:今の流行のトランス風に創ってあるよね。
  流行のベースみたいな音を何とか探し、
  なんとかFA-06の音だけで出来るように、プリセットの音を探して創ってみた。
  SN-Sが凄く使われていて、あとはXV部分に追加されたドラムを使っている、
  さりげなくSN-Aのギターのストラムもやってみた(笑)
DAW.COM: 初心者を意識した感じですね。

ハスキー:そうそう『FA-06これだけでもできるんだ』という事のアピールだね。
DAW.COM: Rolandさん大喜びですね!

ハスキー:そうだね(笑) Rolandだけでもメインの音色がいけそうな感じだね。
      そうとう太く厚いよね。スタジオセットの12番。
DAW.COM: しかもCubaseAIでというのが凄いですね。

ハスキー:うん。それでも出来てこそ本当のプロだね
DAW.COM: 確かにそうですね!まさにマスターです!!

ハスキー:FA-06はDAWから作ることもできるし、ワークステーションとしても
  シンセとしても使えるよね
DAW.COM: もう何でも出来ますね

ハスキー:そうだね。もう魔法少女のデバイスか何か? (゜o゜) と思ってしまうぐらい
  多機能。
DAW.COM: もう海外でもヒットしそうですね

ハスキー:そうだね。
DAW.COM: 大人や子供が使ってもいい感じに使えそうですか?

ハスキー:まあ出来るだろうね。特に、ここまでスムーズに動作すると
         中学2年生でも、ピアノを習っていれば使いこなせると思うよ
  DSやPSが分かれば、出来る複雑さだし
DAW.COM: そうですね。ピアノの練習が大事ですね

ハスキー:面白いのはMPCスタイルのドラムシンセとしても使えそうな所
DAW.COM: そうですね!ドラムパッドに何でも音入れれますからね

ハスキー:そうだね。R&B、Hip-Hopの音楽クリエイターでもFA-06を活用できるよね
DAW.COM: 使い方次第ですか?

ハスキー:うん、場合によっては、MTRにもなる。
         どこまでもドラムパッドに録音できるからね
DAW.COM: もう10万円台のシンセじゃありませんね

ハスキー:うん、実際の価値は。20万・・超えて、50万ぐらいはいってるよね。
      あとさりげなくFM音源ベースとかもあってかなり似ていた(笑)

DAW.COM: 他の音色に関してはどうですか?

ハスキー:SNピアノ、SNオルガンはクオリティが高いよね。あとSNストリングスも
      単体でなくマルチ音源の音としては最高級。

DAW.COM: なるほど

ハスキー:あと、SN-Sは基本的にはGAIAなんだけど、音を重ねられたり
      他の波形を使えたりと拡張されている。とくにPCM波形が便利だね。
      それが16パートも使える・・それだけでも買う価値がある

DAW.COM: まさに今のシンセですね。

ハスキー:うん。そうだね。もうカラオケとかも
      SuperNaturalベースにしたほうがいいよ。
      FA-06はまさに現代のシンクラビアだね

これからの主流の制作スタイルはお気に入りのシンセ1、2台とソフトシンセ複数という形


DAW.COM: FA-06が登場してからのこれからの制作スタイルについて
ハスキー:これは前にも言ったけれど、これからの主流の制作スタイルは
  お気に入りのシンセ1、2台とソフトシンセ複数という形

DAW.COM: そうでしたね
ハスキー:シンセのオーディオ/MIDIインターフェイスとパソコンの組み合わせで
  簡単に制作環境ができるというもの。
  これなら、すぐに制作環境がスムーズに出来上がるよね。
  USBケーブルで繋げて、ドライバいれるだけ。

DAW.COM: ハードならCPUに負担をかけずに軽量に音楽制作できますね
ハスキー:そうだね。それも一つのポイントだよね
  あと耐熱仕様でもある(笑)いまの日本に適した仕様でもあるよね

DAW.COM: ハードならではの堅固さですね
ハスキー:あとソフトシンセにはならないけれど、
  MIDIで作った音楽を、ハード音源からシームレスに
  録音できるところがポイント

DAW.COM: それは便利ですよね!
ハスキー:だね基本は過去のDTM音源の使い方で使えばいい。
  そしてソフトと違い、ハード側から細かくエディットすることも出来る

DAW.COM: シンセ1台でなく、1、2台というのは?
ハスキー:2段鍵盤のスタイルが好きな人もいるからだね

DAW.COM: そうですね
ハスキー:そして、ボーカルやギターなどもシンセ側から録音もできる
  オーディオインターフェイスもそれほど必要はないよね。
  本格的に録音する以外では。デモ作りに力を発揮するね

fa06daw3.gif

DAW.COM: 確かに便利ですね。
ハスキー:あとはVirusTIやこんど出るAIRA SYSTEM-1などがあってもいいかもね
  デスクトップ上における奴。これもUSBで接続すると
  どうしても必要ならIntegra-7を置くのもいいね。

DAW.COM: そうなりますね

NeoDTM?ではなくDAW DSP2


DAW.COM: NeoDTMですか?
ハスキー:うーんDTMから見るとそうだね。でもDAW側からみると
          DAW DSP2なんだよ(笑)

DAW.COM: PowerCoreですね。よく見るとDAW.COMの画面も・・
ハスキー:面白いよね。PowerCore-01からSN-Sになったという

DAW.COM: DAWに外部DSPを加える形のFA-06ですね
ハスキー:そうそう。あとはネイティブでやればいいんだね
  それぐらいパソコンのCPUも速くなったしね!
  CubaseAIのLImiterやCubaseのMaximizerって
  かなり使えるよね。
  あとは伝説のMagnetoもあるとよりいいよね

DAW.COM: なるほど!

有名Rolandシンセサイザーとソフトシンセについて

JP8000/8080


ハスキー:JP8080は有名だよね
DAW.COM: そうですね

ultimate.jpg
・ULTIMATE

ハスキー:これはいいね!本物のJPとオシレーターこそ違うけど
  かなりいい感じだね。ULTIMATEオシレーターとか・・
DAW.COM: まだ世界的に認知されませんが、凄いシンセですね
ハスキー:無いのはTriangleMod、FeedBackOSCだけど、まあ使われる事は
  あまりなかったので無くてもいいんじゃないかな
DAW.COM: そうですね
ハスキー:なまえからしてアルティメットだし
DAW.COM: なんだかカッコイイですね。スーパーハスキー超えて
  アルティメットハスキー
ハスキー:そうだね(笑)
DAW.COM: もうJP-8080もいらいないかも?
ハスキー:そうなるかもね

corona_i.gif
・Corona

DAW.COM: Coronaはどうですか?初心者が使うには
         向いていると思いますが
ハスキー:そうだね。まさに手軽さが売りだよね。
  今風の使い方をするにもこれはかなり便利
DAW.COM: いいですよね。これ。人気になるのも分かります。

V-Synth


ハスキー:V-Synthもそこそこ使われたかなと
DAW.COM: でもあんまり目立たなかったですね。使った人が悪い?
ハスキー:そうかもね
DAW.COM: やっぱりシンセサイザーの顔は
  ハスキーさんじゃないと務まりませんね

sm_top.gif
・SynthMaster

DAW.COM: V-Synthにかなり似たシンセだと思いました
ハスキー:でも、FMとかウェーブテーブルとかかなり強化されているシンセ
DAW.COM: かなりのプロ使用ですね
ハスキー:そうだね。まさにプロのためのシンセ。
  エンベローブカーブが自由に指定できたりと相当な可能性がある
DAW.COM: さすがマスターです

XV-5080/JV


ハスキー:これも有名だよね。一時期はこれでみんな作っていた
DAW.COM: ほとんどハスキーさんが使っていたから有名なんですよ!

ハスキー:そうかもね。
DAW.COM: Integer-7にもFA-06にも入ってしまっていますからね

ハスキー:容量的にはFantomの方が多いのにね。また不思議な話(笑)
DAW.COM: 音色に関しては?

ハスキー:そうだね。私は、このオーディオシンセの4パートのレイヤーサウンドって
  倍音構成的に必要だと思うんだよね。 普通のシンセでは倍音が足りない
DAW.COM: さすがマスターらしい意見ですね

ハスキー:うん。時代錯誤なシンセを皆使いすぎだと思うよ。
  シンセのリード音とかはいいけど、なんでもモデリングシンセで作るのは向いてない
  マルチ音源が絶対に必要だよ
DAW.COM: 確かな意見ですね

ハスキー:最近多いでしょ?お前それでプロなの?本当にそれで恥ずかしくないの?
  という下手くそなクリエイターの作る
  カバー曲が。音色からしてふんどしが緩んでいる音(-_-)
DAW.COM: そうですね確かに・・

ハスキー:これは私がソフトシンセを上手に使いこなしているから、自分にも出来るだろうと
  勘違いした勘違い君が、Rolandのマルチ音源の恩恵を忘れたためにある
DAW.COM: なるほど・・深いですね

Hypersonic.jpg
・HyperSonic

ハスキー:懐かしいけどこれこそまさにXVやJVだよね
DAW.COM:そうですね。音はやわらかい印象ですが

ハスキー:でも実際はエクスパンションの部分はRolandの方がYAMAHAより近いよね
  GMモジュールなんかもあったしね
DAW.COM:なるほど

ハスキー:そうするとやっぱり後継機はハードのRoland FA-06でもいいんだよ
DAW.COM:XVにもどったんですね

ハスキー:そうだね。名前にXがついてるのがポイントなんだろうね
  HyperSonicにしてもエクスパンション(EXP)だからね(笑)
DAW.COM:そうですね(笑)

ハスキー:この最初と二つめまでは、サブトラクティブだけでなく
  FMやウェーブテーブルもついていてる面白機材
  しかしそれがいい
DAW.COM:なるほど(笑)

nexus.gif
・ReFx NEXUS

ハスキー:これはこれで個性なんだけれどもやっぱり日本のRolandシンセの
  いい所を取り込んだものだよね
DAW.COM:エクスパンションとかですね

ハスキー:そうだね。1パートしか使えないけどね。
  音は容量があるだけ相当いいね。波形容量で押し切るという・・
DAW.COM:荒業ですね(笑)

ハスキー:でも音がいいなあと思うのはやっぱりサウンドデザイナーが
  いいからじゃないかなあ
DAW.COM:Vengenceさんですね。日本は早く古い人間捨てるべきですね

ハスキー:うん。(笑)

SC-88


DAW.COM:名機SC-88です
ハスキー:これはもうそのままVSC-88があったよね。

vsc-88.gif

DAW.COM:ですね
ハスキー:それでいまはまだSSWに付属しているHyperCanvasも
  欲しいなあと思って・・

DAW.COM:マニアですね
ハスキー:そうだね(笑)ただ集めたいだけだね(笑)

DAW.COM:でもそういうところから新しい音楽って生まれますよね
ハスキー:確かにその通りだよね

D-50


DAW.COM:名機D-50です
ハスキー:DX7とあわせて置いてあった名機だよね

ds_uviw_DS90S.jpg
・Digital Synsation DS90s

DAW.COM:これは・・
ハスキー:うん。

DAW.COM:波形で再現するということですね
ハスキー:そうなるね。これはこれで面白いシンセだよね。

SH-101/GAIA


DAW.COM:SH-101について
ハスキー:まあGAIAの方なら分かるけど、世代的にどうでもいいシンセじゃない?

DAW.COM:そうですね(笑)
ハスキー:SHのほうはSAWとPWMを単に混ぜるってだけのシンセでしょ?
  そこからするとGAIAは相当なパワーアップ

DAW.COM:ですね
ハスキー:正確にはSHではないけれどSystem100ベース?のAIRA System-1も
  似てるよね。これはもう独壇場だよね。

DAW.COM:そっくりですね
ハスキー:もうモジュラーもいらないかも・・ABCテクノロジーとかいうのも
  気になる内容だよね

DAW.COM:発売が楽しみですね!

d16-lush-101-synth.jpg
・D16 LuSH-101

ハスキー:これも面白いね、海外で流行ってるよね
DAW.COM:そうですね。初心者にもいいかもしれませんね

ハスキー:トランスにもエレクトロハウスにも両方使える
  面白いシンセ。パート数が凄く TC WorksのMacruy-1みたいなシンセ
DAW.COM:なるほど。そのあたりソフトシンセの神様かつ生き字引ですよね

JUNO-106


ハスキー:持っている(た)シンセ。でも後学のためにはいいけど
  FA-06を手に入れた時点で売りに出そうと
DAW.COM:それが正しい選択でしょうね

ハスキー:これもSAWとPWMを単に混ぜるってだけのシンセ
  ユニゾンモードとか面白いけど、これもFA-06で出来るし・・
DAW.COM:もう旧いシンセも限界なんでしょうね

ハスキー:そうだね。すぐに壊れてしまうのが・・
DAW.COM:壊れずらいデジタルの方がもういいですね

junatik.jpg
・Junatick

ハスキー:Reaktorアンサンブル
DAW.COM:珍しいシンセですね
ハスキー:なかなか面白く厚みのある音が出せたりもする

junox2.jpg
・ReFx JUNOX2

ハスキー:JUNO X2は使ってたことがあって
          ReFXさんも親切で、あとからVangardLiteを
  各ユーザーに無償でくれたりして・・
DAW.COM:気が利いてますね。後に大ヒットするのも分かるような気がします。

ハスキー:凄い数のオシレーターを重ねられたはずのシンセ

JX-3P


ハスキー:JXに関してははっきりいってよく知らない(笑)
DAW.COM:世代ですね
ハスキー:でも入手すればすぐわかる内容

jx.gif
・JX-16

ハスキー:かつてのCubaseVST5についていたJXクローン
DAW.COM:なかなかいいですよね

ハスキー:もともとはMaximum digital Audioのものだね
 
jx220.gif
・JX220

jxsynth.gif
・JX-Synth

ハスキー:温故知新のJXクローン。
  これはシンセを学ぶのに向いているかもね
  それほど使えるものではないんだけど
  最初期からあり皆に親しまれたという。
DAW.COM:なるほど。これで学んだ後に、
  Synth1でシンセをより深く学ぶと良さそうですね

ハスキー:だね。Rolandだけでなく、NordLeadA1にも対応できるし

TB-303


ハスキー:これはもうAIRA TBの独壇場だよね。
DAW.COM:凄い進化ですね

tau.jpg
・Tau

ハスキー:それでもTauは面白いよね。最近また復活してきて
  入手できるように。エグイ音がいいらしい。
DAW.COM:そうですねそんな有名機材ですね

abl201.jpg
・AudioRealism BassLine

ハスキー:これはかなりそっくりだよね
DAW.COM:ですね

phoscyon.jpg
・D16 Phoscyon

ハスキー:このメーカーさんは面白いね
DAW.COM:そうですね(笑)

TR-909 / 808


ハスキー:伝説の機材
DAW.COM:これもAIRA TRの独壇場ですね
ハスキー:ハードだけどVolcaとかもそうだね。
  全く似てないんだけどAIRBASEやAttackも
  個性があってよかったよね

drumazon.gif
・D16 Drumazon

ハスキー:これなんかかなり再現してるよね
DAW.COM:なんかいろいろ機能も増えてますよね(笑)
ハスキー:なんだかこのメーカーさん最近人気だよね


Rolandに関して


DAW.COM:これからのRolandシンセに関して
ハスキー:うん、パワーユーザー待望のV-Synth GTの後継機があるといいよね、
  もうシンセだけの機能でいいので。
  MiniMoogとか昔の電気式がいらなくなるような

DAW.COM:なるほどパワーユーザーが欲しいと待ち望んでいるものです。
        たしかにアナログシンセが不要な時代が来るかもですね
ハスキー:だね。低音だけはMoogでっていうのもそろそろ終わりでいいのかも


DAW.COM:他には?
ハスキー:あとはFantom Gの後継機。ヤマハでいうSY99に対するSY85があるとさらにいいかも
  FA-06は最大公約数的な売れるシンセ。
          そうではなくて、最終的にDAWと連携させるんだけど
  Fantom-Gの巨大な液晶画面とシーケンサーをメインにしたシンセがあるといいだろうね

DAW.COM:まさに初心者向けの
ハスキー:うん。軽くパソコンに弱くても、買ってきただけで音楽が創れて画面が大きなもの
          それで個性としてARXの音色も入れておくと。

DAW.COM:なるほど、それはそれで良さそうですね
ハスキー:そうだねARXのSuperNaturalってInteger-7やFA-06とは違う部分があるよね
  バリエーションとしてそれもあったらいいなと、特にブラスがいいよね。
  それで携帯やスマホのスピーカーの技術を応用して、
  音が多少悪くてもいいからスピーカーを内蔵して欲しい

DAW.COM:ええ!?
ハスキー:うん、でもそれが絶対に必要だから(笑)

DAW.COM:な、なるほど・・スマホに鍵盤を的なものですね。
         じゃあいっそのことタッチパネルに・・
ハスキー:そうだね(笑)


最近の新しいソフトシンセについて


Nemesis.jpg
・TONE2 NEMESIS

ハスキー:これなんかFMだけど新しく面白いよね
DAW.COM:なるほどさすがもと、イロメロミックスの天才着信メロディクリエイター
     だけありますね

ハスキー:そうだね、あたらしいアルゴリズムとかに喜ぶタイプ
DAW.COM:さすがマスターですね!

ハスキー:うんうん。それでも4OP的な構造だからまだ扱えるものだと思う(笑)
DAW.COM:なるほど、それならイロメロミックスの着信メロディがハイクオリティになるのも
     必然なのもわかる気がしますね!!
     有象無象の音大生にFM音源なんて知るよしも無いですからね。
     当時はXV、MOTIF、TRITONの時代ですからね。

     全面的にハスキーさんの天才性のおかげですね。
     イロメロミックスの着信メロディは、FM音源、VST・・と天才的すぎます!

ハスキー:そうだね。失われた古代技術だからね。PC-88当時の技術。
      イースエターナルでもプレーしないとね。
DAW.COM:もう正直DTM音源についた名前も剥奪されたほうがいいと思いました。
     やっぱり恥ずかしいと思いました。

ハスキー:そうだね連帯責任で
DAW.COM:それが正しい責任の取り方かもですね、
     責任の取り方ぐらい勉強してほしいですね。なんだか凄い勘違いだと思いました

halionsonic2.gif
・Steinberg HalionSonic2

ハスキー:あと新しいHalionSonicも面白いかも
DAW.COM:そうですね

ハスキー:大容量のオーディオシンセに
      いろいろ小さなシンセが多数ついてくるもの。これはこれで使いようなんだろうね
DAW.COM:エスニックライブラーなど面白いと思いました。

ハスキー:そうだね(笑)そういうのもあるといいよね
      オルガン音源は今となっては貴重。メロトロンもだね。
DAW.COM:なるほどさすがです!!

ハスキー: あとね!各ソフトシンセメーカーさんにはソフトシンセの照度をWindowsにあわせてほしいです。
       やっぱりMacよりもWinのシェアが一般ユーザーは多いからね。
DAW.COM:なるほど確かにそうです。

spectrobits.jpg
・g200kg SpectroBits

ハスキー:あとはSpectroBitsとか
DAW.COM:絵を描くと音になる?

ハスキー:うんしかし面白いことは面白いよね
      シンセサイザーっていまいきずまってるから
      こういうところから新しい音が生まれるかもね
DAW.COM:なるほど・・興味深いですね

synplant.jpg
・Sonic Charge SynPlant

ハスキー:あとマニアックなんだけどSynPlant
DAW.COM:こ、これはなんですか?

ハスキー:一応シンセなんだよ(笑)藻のようなものをいじっていくと
      音になるという不思議なシンセ
DAW.COM:不思議ですねえ・・

ハスキー:まあ一見すると意味がわからないんだけど、パラメーターが
     実は別画面に、羅列されいじれるようになっているんだ。
     DNAとは生命の設計図であるってことがいいたんじゃないかな。
DAW.COM:はあ・・

ハスキー:このメーカーさんの他の音源もなかなか面白いものが揃ってるね
DAW.COM:なるほどそれはぜひ試してみるべきですね!

小説SIFに関して


ハスキー:なんだか最後まで変身どころか、変身しないで
  終わろうと思ったんだけど・・
DAW.COM:ええ!(笑)

ハスキー:なんかそれじゃだめみたいな空気になりつつ期待されてしまったのかも・・!
DAW.COM:じゃあやらないといけないんですね

ハスキー:そうかも(笑)
DAW.COM:まどか☆マギカでも最後まで『変身しないはない』ですよ・・

ハスキー:でも変身しないのも一つの手だと思ったんだけどなあ(笑)
DAW.COM:最近は00視されつつもありますね?

ハスキー:なんでなんだろうね。GNソード的に、何でもぶった切っていたから?
DAW.COM:初期のそれもそれで面白かったということですね。

ハスキー:そうなるね。
DAW.COM:パワーアップの仕方が、00ガンダム→オーライザーっぽいといえばそうですね

ハスキー:いわれてみるとシルエットの代わり方がそうかも。天使ちゃんは(笑)
DAW.COM:そうとう受けますね。それではありがとうございました!

(C) このページの画像、文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。スクリーンショットもEOS (イーオーエス)が制作しています。

  • 最終更新:2014-03-18 11:06:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード