特集ハスキー第十回

ハスキー特集 第十回「ピアノ特集」


二回目はこちら、スーパーソウの再ブーム
三回目はこちら、Roland特集
四回目はこちら、それでもN.I
六回目はこちら、蘇えるFMシンセ
七回目はこちら、ドラムパッドを活用しよう
八回目はこちら、SuperNatural特集
九回目はこちら、komplete10特集

haski.jpg

質問者: DAW.COM

現代の最高のシンセマスターであるハスキーさんに
インタービューと同時に、サウンドの秘訣に迫ってみた。

シンセマスターとは、主に海外のバークリー音楽大学関連の
天才的なDAWクリエイターに与えられる称号だ。
シンセサイザーウィザードにも近い呼び名である。
jp8080.gif
その世界に通じる実力は、高度な教育によって磨かれた正真正銘の本物だ。
ほとんどの国内アーティストと一線を画す、それは一体どこから来るのだろう?


君を乗せて - Symphonica-One Requiem Rework

特にSN-AはS1、S2スイッチを上手に扱いこなすとより効果が高いと思う。


ハスキー:ストリングスばかりになってしまった(笑)

     今回もまたスーパーソウを使っているね

DAW.COM:ストリングスが見事すぎますね。
     シンプルでいて感動的な!そんな最高の編曲です!!

ハスキー:そうだね。今回はそこにJP-8080もついに鳴っているね。
     独特の刺激的な音だね。

DAW.COM:System-1が出た後にも使われる感じですね。

ハスキー:まあどうしても・・っていうことで(笑)

DAW.COM:どうしても?(笑)

ハスキー:そうそう(笑)ストリングスにはSN-Aストリングス
     だけでなくEXP-08 Strings Collectionも一緒になっているよ。

     特にSN-AはS1、S2スイッチを上手に扱いこなすと
     より効果が高いと思う。このあたり
     昔の人たちには出来ないことだね。

DAW.COM:なるほど、音源の力を最大限にまで引き出していますね!

axial_exp6.jpg
ハスキー:そうだね。SC-88時代からの技がそこに詰め込まれているね!!
     Kid's ChoirもEXPなんだよ

DAW.COM:おおっ!しっかり活用されていますね!

ハスキー:うん。容量とはいうけれど、音色の種類は容量よりもどんな音を
     録音するかだからね。

DAW.COM:さすが。音色開発しているだけはありますね!

ハスキー:だね。単に容量だけ増せばいいというわけでないのも
     また事実なんだね。
     実際には十分の一になっているからね。
     もともとその圧縮技術はRolandの方が有利で音が良いよね。

DAW.COM:そうですね!そう思います!


ピアノ特集


ピアノの選択のポイントはクラシックで使うのか、ポップスやロックで使うのか?


fa-06_sn_piano.jpg
Roland SN-Aピアノ(SuperNatural)

ハスキー:細かいニュアンスまでピアノらしい高級なピアノだね。
     かなりいい音しているね!
DAW.COM:そうですね!

ハスキー:けっきょくきちんとピアノ弾ける人でないと
     良さは分からないよね。単に容量でなく再現技術を
     使った音の方に今は分があるね。

DAW.COM:ですね、やっぱり軽いのは魅力的ですね!

ハスキー:うん。このピアノはいろいろな、場面で使っていけるね。
     ピアノの選択のポイントはクラシックで使うのか、

     ポップスやロックで使うのか?だけれど
     キャラクターを変えることでいろいろ対応できると思う

     とくにポップスなどに向いていると思う。

fa-06_bpiano.jpg
Roland EXPピアノ

ハスキー:FantomやXVなどの追加音色のピアノ
DAW.COM:こちらは容量を・・というピアノですね

ハスキー:でも、まあさすがに大容量音源ほどではないけれど
     やっぱりいい音しているよね

exp04.gif

exp9.jpg

FA06_jd.gif
Roland JV1000などにもあった90's風ピアノ(EXP01)

ハスキー:まあこれはこれっていうカツーンとした明るいピアノ。
     昔の曲などを再現する時に使うといいかな

DAW.COM:やっぱり今の方が音がいいのですか?

ハスキー:そうだね。 SN-Aピアノのキャラクターを変えたり
     ハイをEQして使ったほうが
     現代はいい結果になると思うよ

v_piano_grand.jpg
Roland V-Piano Grand

ハスキー:グランドピアノを徹底的にモデリングで追求したピアノ

DAW.COM:これはもう弾いてみて、音の良さを確かめるしかないですね

ハスキー:現状でもかなりいい音しているよね。
     もう弾く人間にもよるのかもね。

DAW.COM:そうですね!

ハスキー:うん。あとやっぱり最初のV-PianoからGrandになり
     より『ピアノらしさ』が増したよね。外観も大事だね。

DAW.COM:確かにそうですね!弾こう!という見た目をしていますね。

taktile_pad.jpg
Korg TRITONピアノ

ハスキー:明るい抜けるピアノ、やっぱりハウスやクラシカルに
     向いてるなと思った

DAW.COM:いわゆるM1ピアノですね

ハスキー:うんうんまあでも実際はTRITONピアノで
     使われてきたんだろうね

krome_piano.jpg
Korg KROMEピアノ

ハスキー:さすがに容量があるだけあり、かなりいい音
DAW.COM:確かにそうですね!

ハスキー:これも、TRITONとあわせて使ってみるといいかもしれないね
     いろいろカラーバリエーションがあるのも好感度高いしね。

YAMAHA MOXピアノ

ハスキー:うんまあ(笑)

DAW.COM:YAMAHAは明らかに電子ピアノの方が音がいいですよね。
ハスキー:そうだねリヒテルだってそういうね

komp_g.jpg
Native Istruments THE GRANDEUR

ハスキー:前回も登場したけれど
     KOMPLETE KONTROLと合わせて使っていくといいね。
DAW.COM:そうですね!

komp_c.jpg

ハスキー:他に、THE MAVERICKやTHE GENTLEMANとピアノの種類が
     あるからジャンルに応じて使っていくといいね

NI_ALICIA'S KEYS.gif
Native Istruments ALICIA'S KEYS

DAW.COM:これはYAMAHAピアノですね

ハスキー:うんうん。相当によく出来たYAMAHAピアノだね。
     特に女子に人気だね

DAW.COM:やっぱりハードよりソフトの方がいいのでしょうか?
ハスキー:うーんまだまだソフトの方に分があるね。
     ただ、やはりクラシカルかポップスかで使い分けるといいね!

pianoteq.jpg
MODARTT Pianoteq5

ハスキー:これもモデリングで追求されたピアノ
     再現技術を使い、ほんの少ない容量でピアノの音色を再現できる

DAW.COM:これはSN-Aと同じような技術なのですか?

ハスキー:そうだね。これも相当にいい音しているね。

Ivory-Grand-Pianos-II.jpg
Synthogy Ivory

DAW.COM:定番のIvoryですね

ハスキー:うん、まさに定番!といった感じだね
DAW.COM:愛好者も多いですね

ハスキー:だからそれだけいい音なんだろうね。

qlpianos.jpg
EastWest Quantum Leap Pianos

ハスキー:Quantum Leapシリーズって
     ストリングスやオーケストラで有名だけど
     ピアノもあるね

DAW.COM:そうですね

ハスキー:これも大容量だけありやっぱり良いと思うね!

GARRITAN_CGRAND.jpg
GARRITAN ABBEY ROAD STUDIO CFX CONCERT GRAND

ハスキー:こちらもストリングスやオーケストラで有名ですね

DAW.COM:そうだね。これもそうとうに良さそうだね

EightyEight.jpg
SONiVOX Eighty Eight

DAW.COM:目新しいメーカーのピアノ音源
     まだまだ未知数ですね

ハスキー:これも使ってみて・・という感じだね

GALAXY2_GRAND.jpg
BEST SERVICE GALAXY II GRAND

DAW.COM:これも人気のあるピアノですね

ハスキー:そうだね。

VIENNA Imperial.jpg
VIENNA Imperial

DAW.COM:高級感の漂うVIENNAです

ハスキー:やっぱり相当にいい音していると思う

the_grand.jpg
Steinberg The Grand

DAW.COM:これはハスキーさんが使っていたピアノですね

ハスキー:そうだね。いろいろバージョンアップしているね。
     これもまた再現技術を使い・・というピアノだね。

Hypersonic.jpg
Steinberg HalionSonic(hyper)ピアノ

ハスキー:これが多いね。ただ昔のWizooの音で
     今とはちょっと波形が違うみたい。

     明るいキャラクターの音色がポイント
     最近は落ち着いた音になった感じかな

halionsonic2.gif

ハスキー:でも、Halion Oneのピアノは
     さすがにダメだなと思ったけどね(笑)

SampleTank-3-Edit-window.jpg
SampleTank3

ハスキー:SampleTankのピアノも使えると思う
     独特の海外の空気感があるよね
DAW.COM:ですね

nexus.gif
ReFx Nexus2

DAW.COM:NEXUSのピアノですね

ハスキー:そうだね。これはもうポップスなどに使う音だね

piano_one.jpg
Sound Magic Piano One

ハスキー:無償のピアノ音源。世界的に人気があるね
DAW.COM:とりあえず最初のステップに入れてみる
     という音源ですね

STEINWAY_GRAND2.jpg
Hephaestus Sounds Steinway Grand 2

ハスキー:これも無償のピアノ音源。特にいうことは無いんだけど
     とりあえず入れてみることに価値があると思う。

DAW.COM:そうですね!でもこれだけの音源が無償になってしまう
     というのも凄いですね

fm8.gif
FM8 FMピアノ

ハスキー:FM8のFMピアノは、他のオーディオシンセと混ぜていくと
     相当に使えるものだね。何しろDXそのものだからね。
     これもKOMPLETE KONTROLと合わせて使っていくといいね

DAW.COM:もはやこちらが真のFMサウンドですよね。

ハスキー:そうだね。他の生ピアノと混ぜると、相当に豪華な音が出そうだね

DAW.COM:まだまだソフトに分がありますね

ハスキー:そうだね、演奏、LIVEという面以外では、
     制作に置いては、やはり分があるね。

まとめ


DAW.COM:ざっとピアノを見てきましたが、選択のコツとしては?

ハスキー:うん、まずジャンルに合わせた、製品を選ぶこと
     次は、ペダリングなどで音色が変化するかしないか?
     そこまで再現されているのか?などを基準にするといいね

DAW.COM:なるほど・・!さすがです!

ハスキー:あとは、元々のピアノがなんであるかも重要だね。
     Rolandなのか?SteinwayなのかBosendorferなのか?
     YAMAHAなのか?ってことだね。
     製品によっては音色のキャラクターを変えれるものもあるね

DAW.COM:そうですね・・!製品によって音色が違いますからね!

面白いソフトシンセ


codex.gif
WAVES CODEX

DAW.COM:プラグインエフェクトのWAVESからついに
     新しいソフトシンセが
ハスキー:そうだね!ウェーブテーブルがなんだか流行ってきているよね

     まあこれもSERUMもそうだけど、プリセットを鳴らす以外は
     ウェーブテーブルシンセシスを扱いこなせないと難しいよね
     でも、ウェーブテーブルの中をグラフィカルに立体で
     表示してくれるからまだ分かりやすいよね

DAW.COM:なんで、出来るんですか!?

ハスキー:さあ(笑)まあ本家オリジナルPPGは
     ウェーブテーブルの音がいきなり飛んだり
     エイリアスノイズが個性的だったりと面白い部分もある

DAW.COM:やはり、いままでの日本のクリエイターは扱いきれていなかった?

ハスキー:うんうんだからMassiveもそうだけどウェーブテーブルが
     何なのかわからないと扱いこなせないんだよ

DAW.COM:だからシンセのオピニオンから『音が細い』言われてしまう?

ハスキー:そうだね(笑)単に素人がシンセの素音を鳴らしてみました
     って感じじゃね

DAW.COM:まさにキツネにつままれた感じですね。
     あとから追う本人たちは追いついたつもりですが、
     確実に3週どころか5週は遅れていますね

ハスキー:そうだね(笑)

DAW.COM:小説すらまともに書けませんから、
     それで天才いうのは相当におこがましすぎますね

ハスキー:世界のギフテッドの基準からすれば凡人だね
     もう高校~大学ぐらいのころには天才的な実力を
     発揮していなければ嘘。それだけの習得力が無いってことだね

DAW.COM:小説って年をとってから書こうとしても書けない
     人の方が多いですよね。

ハスキー:うんうん(笑)

面白いDAW


新しいトレンドはDAWとシンセ、ガジェットなどを合わせる形


bitwigstudio.jpg
BitWig Bitwig Studio

ハスキー:新しいDAWもまた流行ると思うよ。
DAW.COM:そうですね

ハスキー:この新しいDAWはループベースなのだけれど
     いろいろ改良されているね

LIVEとどちらが使えそうですか?

ハスキー:今のところこちらだね。通常のDAWのいいところを
     取り込んだ形だね。プラグイン・クラッシュ・プロテクション
     という機能で、プラグインが落ちてもDAWのクラッシュを
     防ぐこともできるという優れもの。

DAW.COM:そうですね!

SONARX3.jpg
CakeWalk SONAR

ハスキー:みんな Cubase使っているとCubaseを使いたがるけれど
     初心者は、SONARを使ったほうがいいと思う
     MIDIスコアの扱い易さはSONARが一番いいね!

DAW.COM:CubaseはMIDIというよりバーチャルスタジオ的に優れている?

ハスキー:そうだね。その部分が優れていたけれど、最近は
     他のソフトとも差がなくなってきたよね

     CubaseってSXになって大きくMIDIプログラミングのしやすさが
     改善されたけど、やっぱりキューブ上に作っていくという
     思想を活かしたループ系音楽向きなんだよね。

DAW.COM:なるほど

ハスキー:新しいトレンドはDAWとシンセ、ガジェットなどを合わせる形
     だね。海外のDAWに国産のシンセ、ガジェットなどを組み合わせると
     いい感じになる!というもの。

DAW.COM:Maschineのヒットがそこにつながった?

ハスキー:うんうんそうなるね。当然

DAW.COM:国産機材との融合ですね

ハスキー:そうだね!組みあわせるとまさに時代のトレンドに追いつく
     感じだね!

DAW.COM:やっぱりDAWだけ、ソフトシンセだけというのも
     時代遅れになりつつありますね

ハスキー:当然だね。だって約10年前に使い古された古い手法だからね
     『単に時間が無くて忙しいから』というところから発生したもの

     そしてJP-8080を組みあわせて・・
     という方にすでに進化していたんだね

     前者が『スピード』なら、こちらは『パワー』と言えるね

DAW.COM:そうですね!まさに超天才ですね!!


何を持ってクオリティとするのか?天才の審美眼と大衆の審美眼


DAW.COM:審美眼の話ですね

ハスキー:そうだね。天才と大衆の審美眼は大きく異なっていると思うね。

DAW.COM:そうですね。過去によかったものが、他のクオリティあるものに
     負け陳腐化することもよくあります。

ハスキー:うん、比較されるともう聴けないとかね(笑)
     単体で聴いているといいけど比較されると
     あれ?こんなに出来の悪い曲だっけ?とか

DAW.COM:音楽雑誌はむしろマイナーでもクオリティに優れるものを
     大衆に広めていくのが使命です

ハスキー:うん、そうなるよね。でも、昔からの人たちが
     ただ惰性で載っている場合もあるよね。

DAW.COM:そうですね。明らかに、知名度があるから載るって
     パターンですね。でもいいとは思えませんね。
     ぜんぜん感動しない。本当に。

ハスキー:だね、もう古くなった曲とか、編曲とかそれが
     いいと信じて疑わないアーティストもいるわけでしょ
     それが当たったからと、ずっとそれが続くと本気で考えている(笑)

DAW.COM:ですね、でもドラッカー的にはそこで陳腐化していますよ
     ドラッカーは正しいです。
     大衆の審美眼は、周囲に合わせるものであって
     本当にいいものを勇気を持って「いい」というものでは
     ありませんからね

ハスキー:そうだね!とりあえずTVで流れているものを
     いいといっておけ的なミーハー的な(笑)
     人によってはHIP-HOPだけとか、メタルでしか受けつけない
     って人もいるぐらいだからね(笑) IDMとか(笑)

DAW.COM:そうですね!音楽雑誌はマイナーであってこそですからですね
     大衆が引いてしまうようなコアな音楽なども取り扱います
     エイフェックスツインとか(笑)

ハスキー:うんうんスクエアプッシャーとかね(笑)
     アーミンとかも、日本の音楽雑誌で取り上げられるのですら
     稀だけどね。世界的には、超ビッグネームだもんね。

DAW.COM:そうじゃないのは、狭い島国でうぬぼれている?

ハスキー:そうなるね(笑)海外には間違いなく通じないね。

DAW.COM:シンセサイザーというコアな狭い世界では
     世界的にすでにハスキーさんの名前が有名ですね。
     いろいろシンセに名前がつけられたり
     下手な賞よりも価値がありますね。最大の賛辞です。

ハスキー:そうだね!オービットでさえ一つしかついてないのにね。

DAW.COM:そうならない人間は、やっぱり狭い島国でうぬぼれている?

ハスキー:そうだね(笑)

DAW.COM:世界最高のシンセマスターはハスキーさんで決まりってことですね!
     並ぶのはBTってところで・・


小説の話


DAW.COM:また始まりましたね。

ハスキー:そうだね(笑)

DAW.COM:大罪(笑)

ハスキー:うんうん、それで、結局、絶対に絶対に終わるから

DAW.COM:そうですね。結末が気になりますね

ハスキー:そうだね。結末はおそらくあっと驚く展開で。

     で、この小説ってCLAMPの系譜にあるもの。
     岡崎武士先生の『精霊使い』が、ガンダムにおける
     ”宇宙の戦士”、ニュータイプだね。
     だから類似の作品には角川・ドワンゴに権利があるってことだね
     スクエア込みで。むしろそれでまとまるべきだね。

DAW.COM:絶対的にはハスキーさんがオリジナルの権利を持っていますね
     確実に"現代のファンタジー"の第一人者です。

ハスキー:うんうん。宇宙の戦士ってALL YOU NEED KILLにも似ているよね。
     テラフォーマーとか

DAW.COM:なるほど!期待しています!ありがとうございました!

(C) このページの画像、文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。スクリーンショットもEOS (イーオーエス)が制作しています。

  • 最終更新:2015-03-31 20:03:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード