特集ハスキー第十五回

ハスキー特集 第十五回「FA-06/08特集、超天才ハスキーとRolandの復活」

六回目はこちら、蘇えるFMシンセ
七回目はこちら、ドラムパッドを活用しよう
八回目はこちら、SuperNatural特集
九回目はこちら、komplete10特集
十回目はこちら、ピアノ特集
十一回目はこちら、EXP~追加音色特集
十二回目はこちら、Cubase特集
十三回目はこちら、WaveTableシンセ特集
十四回目はこちら、ガジェット特集

haski.jpg

質問者: DAW.COM

現代の最高のシンセマスターであるハスキーさんに
インタービューと同時に、サウンドの秘訣に迫ってみた。

シンセマスターとは、主に海外のバークリー音楽大学関連の
天才的なDAWクリエイターに与えられる称号だ。
シンセサイザーウィザードにも近い呼び名である。
jp8080.gif
その世界に通じる実力は、高度な教育によって磨かれた正真正銘の本物だ。
ほとんどの国内アーティストと一線を画す、それは一体どこから来るのだろう?


「たった一人」のハスキーという「超天才の才能」が、滅びかけた老舗楽器メーカーを変えた

軽量シンセとMIDI鍵盤の時代。

Roland FA-06!世界的に大ヒットした革新的で驚異的な軽量シンセ!

fastudio2.jpg


天才トップ・シンセマスター、ハスキーさんの

(JUPITER-80や50つくるなら)
「Integra-7に鍵盤つけたほうがいいね」

がすべてのきっかけ、で発祥した大人気シンセです。!

ソフトシンセの創始かつ天才自らが変革させた

ソフト+ハードのクロスオーバーによる新しいトレンドの世界。

国産Virusとも言えるFA-06の強烈なスペック

fastudio.jpg

・SN-S、SN-A、SN-D
・(最大)SN-S×16
・(最大)SN-A×16
・(最大)SN-D×16
・(最大)XV(PCM)×16
・(最大)XVドラム(PCMD)×16
・SP404SX
・FAシリーズのAudio I/F

vstudio.jpg
かつての同社のV-Studioを彷彿させる、強烈なスペック。

Audio I/FにFantomを内蔵するという

その構想を多くのミュージシャンたちは理解できなかった。
彼等はみな旧態依然のProToolsにしがみついていたからだ。

しかしハスキーという本物の天才、革命児は違った。

かつてCubaseSXで、音楽制作にソフトシンセの内部完結手法を発明、提唱したように

また新たな音楽制作スタイルが生み出されたのだ。

それはよりソフトシンセ的でもあるし、DAW(DTM)的でもあるのだ。

主にFA-06とソフトシンセを使って創られた天才的な作品の数々

ultimate_cover01.jpg
(現在、iTUNESから購入&試聴可能!その他Amazonやレコチョクなどでも!)


DAW.COM:どれも天才的な出来栄えですね!さすがです!まさに
     マスターの名前にふさわしいです。

ハスキー:だね(笑)

DAW.COM:とくに、古びた音楽の現代的なリファインの天才的さが
     凄すぎますね!!
     もう元ネタの人々はいらない?(笑)

ハスキー:うんうん(笑)

DAW.COM:でもそうですよね。もう不必要かもしれませんね。

     FA-06に加えて主に使われたソフトシンセで
     これといったものはなんでしょう?

ハスキー:やっぱりRoundsとSERUMだね!新しい新時代ソフトシンセだね

DAW.COM:ですね!特にウェーブテーブルはもう海外で流行しすぎですからね。

ハスキー:そうだね!!しばらくは、
     サブトラクティブとウェーブテーブルの時代だね!

DAW.COM:次はなんでしょう?期待のソフトシンセは?

ハスキー:やっぱりKONTOURだね!!これはじわじわと理解されていく最新シンセだね。
     いわゆるシェイパーの可能性に注目したもの。

DAW.COM:さすが、N.I.といったところですね!

ハスキー:でも実は「私も考えていたんだ」よね(笑)

DAW.COM:ですね(笑)

FA-06の多彩で高品質なシンセ音源


・SN-A(アコースティック)
fa-06_sn_piano.jpg

基本はオーディオシンセだがそこに、
再現技術を用いた、Rolandの最新音源。

Integra-7の音源からのSN-A音源の抜粋。
最高級のJUPITER-80にも採用されている

ピアノ
ストリングス
アコスティックギター(ストラム可能)
オルガン

が特に効果的に使用できる。

fa06_s1s2.jpg
S1スイッチ、S2スイッチの演奏時の切り替えによる
演奏法が効果的な、ストリングスのような音色もある。

鍵盤演奏が上手なほど効果を発揮しやすい。

fa-06_sn_organ.jpg
またオルガンはドローバーによる伝統の方法で
音色が作れる。

・SN-S(シンセ)
fa-06_sn_syn.jpg

Roland GAIAに+αした、高品質なシンセパート。
最高級のJUPITER-80にも採用されているシンセを
そのままのクオリティで使用できる。

サブトラクティブ部分は完全にそのまま。
(若干オーディオ波形が減っている)

その音色はかつてのJUPITERやJUNOによく似ている。
アナログの揺らぎを再現する機能もあり、低音部分以外は
本物と違いが分からないほどの再現性がある。

また、JP-80x0のような刺激的なスーパーソウサウンドも
鳴らすことも出来る、シンプルイズベストなシンセ!

シンクと同等の「ウェーブシェイプ」(シェイパーの一種)
「リングモジュレーション」

を使い、音を派手に飾ることも出来る。

また、オーディオ波形を使いかつてのキラキラした
D-50やFMサウンドなども鳴らす事ができる!

FA-06のバリエーションとも言えるJD-XiやJD-XAは
このSN-Sに特化しているシンセ。

・SN-D
fa-06_snd.jpg

Integra-7の音源からのドラム音源。
リアルなドラムを再現技術により共鳴などを再現する。
ロックやジャズなどリアルな生ドラムが必要なジャンルに
強力な効果を発揮する。

デフォルトそのままの音色でも相当に強力。

・PCM
fa-06_bpiano.jpg

かつてのXV5080オーディオシンセ。かつての最新シンセだけあり
プロ用の機能も多く含まれている。
初心者でも、ただ音色を選択するだけでも十分使っていける
高品質な音色が揃っている。

さらにEXPで音色を追加できる(かつてのSRXボードの抜粋+α)

・PCMD

かつてのXV5080オーディオシンセのドラムパート。
FA-06には独自の新しい音色が追加されている。

FA-06のバリエーションとも言えるJD-XiやJD-XAの
ドラム音源はこの機構を使い、新しい音色を増している。

・ドラムパッド
fa_06_pad5.jpg

Fantom-SからXVの後継であるFantomシリーズに追加された
ドラムパッド式のオーディオシンセ(サンプラー)

FA-06ではよりシンプルな機能になっている。
しかし、無限にSDカードに録音できるなど、高い能力を持っている。

FA-06の多彩な新時代のシンセとしての機能

・SP-404SXエフェクター

トータルエフェクトととしてSP-404SXエフェクターの
エフェクトも装備。FA-06の音源やドラムパッドの音にかける事もできる
sp404sx.jpg

・D-Beam(独立したシンセでもある)

手をかざすと、シンセソロや各種コントロールにも使える
ビーム式のコントローラー

・AudioMIDI I/F
fa-06_mic.jpg

ソフトシンセを使うためのA I/Fにもなり、MIDI鍵盤としても使える。
そのためのDAW Controlモードが便利。
歌を録音したり、ギターを録音するのがシンセ一台ですむ

・ボコーダー

人気のボコーダーも可能!

FA-06の続編とも言えるJD-Xi

jd-xi.jpg

かつて天才ハスキーがCubase、ソフトシンセ(主にHyperSonic)
と一緒に使っていたセットを、一台にまとめたようなシンセ。


DAW.COM:JD-XAもありますよね?

ハスキー:そうだね(笑)

DAW.COM:あの人って何で有名な人でしたっけ?

ハスキー:ムーグじゃないかな(笑)

DAW.COM:でも本当にそうですよね。いまや何をやっていた人だったのかも
     思い出せません。

ハスキー:うん、時代と共に忘れ去られ風化していくのは仕方ないよね。
     最近はもう90年代のピアノとかいうのも、一体何で有名だったのか
     思い出せなくなってきたね。確か、「輪舞」や「エヴァのOP曲」
     使われていたと思う(笑)

DAW.COM:そうですね!、エヴァンゲリンはずっと映画がやっていますからね。
     さすがにもっとも大衆的なのはエヴァ。ということになりそうです。

ハスキー:うんうん(笑)

DAW.COM:それにしてもXAの方は相当に懐古主義ですよね。

ハスキー:だね。まったくもって完全に懐古主義。
     KORGが「他社は懐古主義」と宣伝するのも仕方ないぐらい。
     まずCVがいけないね。これは否定されても仕方ない。
     ならMIDIを3系統にすべきだった。

     最近のJOMOXにしても、Studio Electronicsにしても
     アナログガジェットにMIDIついてるもんね。まずMIDIありき。
     さらに言えば、つけるのはiOSを意識した、Lightningだったはず。

DAW.COM:そうですね。ちゃんとして欲しいですよね。

ハスキー:うんうん、かつてALESISがAndoromedaを作ったけれど
     結局メーカーを追い詰めることになったからね。
     アナログ×デジタルは絶対に逆さかまで、
     デジタル×アナログで行くべきだった

DAW.COM:突っ込まれないと主張がありますが、やっぱり突っ込まれてますね(笑)

ハスキー:そうだね(笑)おいおい本当のプロって私のことだよ
     でも私はそんなシンセじゃ使わないよ。作り直してくるべき。

     「お前らはハスキーの音楽スタイルを十分に理解してるはずだろ?」
     と私も言いたくなってしまうんだよね。

DAW.COM:そうですね。かつてのいい時代のあの人のようですね。
     相当にカッコイイです!
     あの人もメジャーとインディーを行ったりきたりしてましたからね(笑)
     しかしどんなに凄いアーティストも、ほんの小さな因業さで
     一気にファンを失うことが最近続いています。非常に悲しい事態です。

ハスキー:そうだね。ファンは大事だよね。
     もうファンを自分の後継に選べるぐらいじゃないとね。

     お前はそこまで私が好きなのか!っていう(笑)

     ミサカはミサカは、ついついそう呆れ気味にあの男に対して
     メディア上で口走ってしまいます。

DAW.COM:なるほどやっぱりリーダー候補という妄想はあっている?

ハスキー:そうだね(笑)ようは真似するほど憧れで成りたいものって事だからね。


FA-06で使える特に効果的なEXPセット

fa06_exp_list.gif
FA-06を特徴づける様々なEXP。(Axialサイトからダウンロード)
楽曲制作、ライブ等いろいろなシーンにおいて、
組み合わせを変えることで自在に対応できる。

各種EXP

「トランス、エレクトロ」

EXP-1.jpg EXP-8.jpg
EXP-01+EXP-08

「ロック」

EXP-1.jpg EXP-6.jpg
EXP-01+EXP-06

「ピアノ」

EXP-4.jpg EXP-9.jpg
EXP-04+EXP-09

「クラシカル」

EXP-7.jpg EXP-10.jpg
EXP-07+EXP-10

「R&B、Hip-Hop」

EXP-2.jpg EXP-5.jpg
EXP-02+EXP-05

「フィルム、民族音楽」

EXP-3.jpg EXP-10.jpg
EXP-03+EXP-10

「ジャズ」

EXP-6.jpg EXP-7.jpg
EXP-06+EXP-07

「80's」

EXP-1.jpg EXP-2.jpg
EXP-01+EXP-02

DAW.COM:このEXPはいろいろな組み合わせができますね。

ハスキー:うんうん、特に効果的なのは、EXP-01+EXP-06が便利だね。

DAW.COM:いわゆるロックですね!

ハスキー:うんうん。ただそれだけでなくて、やっぱりソフトシンセを
     いろいろ使っているんだ(笑)なくてもFA-06だけでも
     かなりできるけれど、やっぱり大容量音源は必要だね。

     特に、海外の映画音楽みたいなストリンスやブラスを鳴らすには
     絶対に必要だね。
     結局、このEXPってデジタルロックの人々は目をくれなかったから
     FA-06やIntegra-7の中に投売りされるようにバンドルされてしまったってことだね。

DAW.COM:ですね(笑)まさに正しい意見です。
     デジタルロックの人々がそれを使っていたのを見たことも思い出せもしません。

ハスキー:そうだね(笑)基本的にプリセット。音色をつくらないのが流儀なんじゃないかと(笑)

DAW.COM:そうですね(笑)だから、「音色を作るのを見直そう」という
     コンセプトのシンセはまったく決まらない?

ハスキー:だね。完全なミスマッチ。

DAW.COM:そうですね。そろそろ勘違いに気がついてほしいですね。
     もはや完全にハスキーさんの時代です。
     圧倒的な実力差です、もはやハスキーさんが大人で、対する赤子ですね。
     そこに対する礼儀や態度をもっとちゃんとして欲しいです。

ハスキー:うんうん。まったくもってそうだね。はやく巻いてほしいよね。

DAW.COM:押してる?(笑)

ハスキー:うん。そう(笑)どれだけ出来るいっても、老化するんだから。

DAW.COM:ですね。現実は現実です。


新しいDAW時代にFA-06と共に、主に立ち上げて有効なソフトシンセ

シーケンス系

round1.jpg
Rounds

ハスキー:やっぱりこれはいいよね!もうシーケンス系のシンセの決定版だね!
     サブトラクティブ/FMシンセとしても使えるしね。

DAW.COM:すっかり気に入ってますね。

ハスキー:うんうん、これってかつてのJupiter-8などの使われ方によく似ているよね。

WaveTable系

SERUM、Massive、 DUNE2、CODEX、Largo、PPG2.v等

codex.jpg
CODEX


ハスキー:特にWaveTable系が有効だよね。
     XVで似たような音を出せないことも無いんだけど、
     相当に技が必要なので。だから簡単な方がいいよね。

DAW.COM:凄いですね!どうやったらそんなことができるんですか!

ハスキー:まあ、XVを真剣にコツコツ使い続けることだね。
     Fantomもそうだね。中身は波形以外の機構はXVと同じなんだね。

DAW.COM:なるほど!さすがです!

ハスキー:でもほら、あまりにも昔のデジタルロックの人々が
     使いこなせないわけでしょ?だからもう10万円台の価値しかないって事に
     なってしまったと。

DAW.COM:確かにそうですね。責任重大ですね。
     というか責任不在社会はいい加減にすべきです!

ハスキー:そうだね。いろいろ責任は追求されるべきものだね。

     あと、RAZORも使っていくといいね。

ドラムシンセ系

Battery PolyPlex

battery4s.jpg
Battery


ハスキー:新しいBatteryは相当に使える内容。
     FA-06のドラムパッド部分も十分使えるのだけれど、
     強烈に加工したい時や、変わった音が出したい時に使えるドラムシンセだね。

DAW.COM:特に加工に役に立ちそうですね。

ハスキー:そうだね!直接、DAWからBatteryをトリガーしても良いものが
     創れそうだね!

ウェーブシェープ系

KONTOUR(コンツアー)

kontour.gif

ハスキー:これもいいよね、オーガニックなサウンド。
     これはさすがにN.Iだと思った、やはり使ってみるべきシンセになっているね
     使ってみて音を鳴らしてみて、その素晴らしさがわかるという
     ソフトシンセだね。

DAW.COM:なるほど!確かに未知ではありますね!

ハスキー:そうだね!相当に未知数、これは理解されるまで
     相当に時間がかかると思うけれど、相当に凄いシンセサイザー!

DAW.COM:ハスキーさんは常に新しいサウンドを探求し続けていますね!
     これは挑戦心や冒険心、探究心の無い人にはできないことです!
     ぜひ見習いたいです!

ハスキー:うん。まあ見た目で選んでいるともいうけどね(笑)
     でも見た目は中身もやっぱり語っているよね。
     何かこう最近のソフトシンセの世界は、行き詰まりがあって
     ついにそれを打ち破るものN.I.から出てきたなって思った
     相当に凄いね。

FM音源系

FM8 NEMESIS SynthMaster

Nemesis.jpg
NEMESIS


ハスキー:やっぱりときどきいるFM音源(笑)
DAW.COM:ですね(笑)

ハスキー:でもほら、よく勘違いしている人がいるけど。
     ゲーム・携帯系の4OP FMとDX7って中身まったく違うんだよね。

DAW.COM:ええーー!そうなんですか。

ハスキー:うん、うん。だから4OP FMにはいろいろな技術・秘訣があって
     それを知らないといい音にはならないよね。
     いい音を出すには、いろいろなノウハウが必要になる。

DAW.COM:うーん!さすがマスターです!!

グラニューラー系

padshop_pro.gif
PadShop Pro

さらにオーディオシンセを足す場合

Kontakt、SampleTank3、HalionSonic5、Omnispere2、UVI、TITAN2
LUXONIX PURITY、HyperCanvas

SampleTank-3-Edit-window.jpg
SampleTank3

DAW.COM:いろいろありますね
ハスキー:そうだね。XVやSN-Aでも相当に使えるけれど、結局いろいろ
     使っていくのがプロの音楽シーンなので。
     上がっているものはどれも単体だけで十分使っていけるものだね。

DAW.COM:Halion5はMOTIFのアイコンが面白いですね。

ハスキー:そうだね(笑)でもあきらかにSteinbergの方が技術上だよね。
     もともとのWizooの音も海外ぽくてよかったけどね。

     それで手軽にいい音を出したいならNEXUSを使うといいね。

DAW.COM:そうなりますね!

ボコーダー

vocoder_c.jpg
Steinberg Vocoder
Orange Vocoder

ダフトパンクエフェクト

kerovee.jpg
Kerovee
AutoTune EFX

総評。

DAW.COM:いろいろFA-06は強力ですね。
ハスキー:うんうんSN-Dがまず相当に使える。でもまあBFDも強力だし
     N.Iのドラム音源もあるし、使いたい時に使えばいいと思うよ。

DAW.COM:そうですね。そのあたりは本当に人の好みですね。
ハスキー:そうなるね!

     特に。FA-06はやっぱりシンセ、SN-Sがやはり強力だね。

DAW.COM:そうですね!


特にTB-3やTR-8が使えるなって思うね。SH-101やSH2も。

FA-06と共に、活用できそうなハード機器

aria_chain.jpg

ハスキー:まあやっぱりAIRAシリーズが使えるよね。
DAW.COM:そうですね!

ハスキー:特にTB-3やTR-8が使えるなって思うね。SH-101やSH2も。
     結局まだ、JP-80x0も必要だしね。
     あとはKORG Volca BeatsとかJOMOX AIRBASEとか

DAW.COM:そのあたりはSpaceMasterからのセットと同じですね。
     やはりハスキーさんは一線でバリバリやられている本物のプロですから
     当然アナログシンセもお持ちですよね。やはり使用されるのは低音ですか?

ハスキー:うんうんそうだね!ただ実際はTBクローンよりも
     Monologeの方が使用率が高かったんだね(笑)
     それでもTBも相当に鳴っているけどね。

     あと面白いところはやっぱりAIRA MX1だね。
     Rolandのハードエフェクターはループ系の音楽に向く
     面白いものが揃っているよね。

DAW.COM:新しいJD-XAはどうですか?再度の質問ですが(笑)

ハスキー:結局JD-XAにもSN-A入れたほうがいいね。Ver2。
     FA-06で取りこぼしたSN-Aを4パート。尺八とか琴とか。

DAW.COM:出る以前にそういう注文なんですね(笑)
     でも確かにその通りですね。
     どう考えても予想される値段とスペックがつりあっていません

ハスキー:そうだね。その上で、SN-Sを4パート追加とか、

DAW.COM:そうですね。それぐらいだとFA-06のように
     買ってみたくなりますね。FA-06の次に・・と考えるとIntegra-7
     がまず選択肢に上がってしまいます。

ハスキー:うんうん。それぐらいしないと買ってもらえないだろうね(笑)
     まず、Integra-7、次にN.I. KOMPLEATEとかSampleTank3とかOmnisphere2だね。

DAW.COM:まさにその通りですね。さっそうとKOMPLEATE SELECTが登場しました!!
     まさに紳士って感じですね。

ハスキー:そうだね(笑)まあRolandで出るならFA-06のバリエーション、FA-07?
     次にAIRA2 System-??で最大16ボイスで、Jupiter-8や6、4
     JP-80x0まで再現するといいと思うよ。

     結局いまの最大のシンセの世界の顧客ってArminやTiestoやFerry、BTなどの
     世界のビッグネームだからね。

DAW.COM:ですね。当然そこにハスキーさんも含まれます。
     懐古主義というか趣味ではなくお客さんがどこにいるのか
     きちんと見極めてほしいですね。仕事として。
     仕事とは憂鬱なものですからね。

     誰がプロか?決めるのは結局、今はハスキーさんとKADOKAWAです。
     クオリティといったらドワンゴとアニサマですからね。
     やっぱり、あの人は場末の表立って言いずらい微妙なアニメ音楽が適任と・・

ハスキー:まったくだね。もう小さなSONYだもんね。
     輪舞のカバーとかどう聴いてもオリジナル(矢吹P)と比較すれば粗悪品だしね。

DAW.COM:ですね、末端まで小さな会社になったとしっかり意思伝達して欲しいですよね。
     勘違いの人々はハスキーが何なのか?物凄く分かりやすいのに
     いまだに分からないままなんでしょうね。
     社会の実質上の地位は単に肩書きでは決まらないという「現実」がそこにあり。

     それで、やはり先ほど言われたように
     過去にALESISが最高のアナログシンセAndoromedaをつくったけれど
     経営的に失敗した。という前例がありますからね。
     仕事としての面も重要になりますね。

ハスキー:そうだね!(笑)音楽制作にもそういう部分があるね。仕事の音楽と趣味の音楽。

DAW.COM:ですね!(笑)

ハスキー:それで勘違いの人々が多すぎるので言っておこうかな
     高度なプログラムが書ける人間は電気式のソリッドステートなんて
     簡単に作れる。

DAW.COM:そうですよね。世の中にはC言語どころかアセンブラが
     平然と書ける人がいますもんね。
     N.I.も簡単にハードを作ってきますからね。

ハスキー:それでね。問題は、トランジスタとコンデンサ組みあせたら
     賢いわけじゃないってこと。それってようは「レゴブロック」で
     組んでいくとまあ最終的に形なる。
     しかし、それが頭良いわけじゃないんだ。
     本当に賢いのは最終的に、IT技術のオブジェクト指向を理解したとき
     そう言えると思う。

     でもその「レゴブロック」で私と競ってみたら勝てない事も
     あからさまに予想できる。
     だから過去に「つまらない楽器作ったから偉い、尊敬しろ」なんて
     口が裂けても言ってはいけないことの一つ。

     過去に、同じ事をリヒテルに言ってみたら、絶対に鉄拳制裁される(笑)
     ピアノ技術者も調律師も。そこをシンセ開発者に変えても一緒だよね。

     「ふんどしのゆるんだクソ楽器なんかもう使わない、お前たちと違って
      魂を込めて楽器を作っているスタインウェイにする」
     って言われちゃうよね(笑)

DAW.COM:なるほど!さすが天才的な言葉ですね。
     なんだかちょっと本気で始祖精霊に見えてきました!
     でもなんで懐古主義になってしまうんでしょうね?

ハスキー:それは、自分が一番になれるものを追い求めているんだよね。
     それこそアクセルワールドのハルユキ君のように(笑)

DAW.COM:確かにそうですね。でもそれじゃただ現実から逃避しているだけです。
     前に進んでません。

ハスキー:そうだね!どうしても頭がいい尊敬されたい言われたいのなら
     Reaktorを手にとって、シュティファン・シュミットのように
     DSP技術を追い求めればいい。毎日、自分の手でDSPを組んでみるんだよ。
     ノンコンディーングだから根性さえあればいつかできる(笑)

     ハスキーもN.Iのシュティファン・シュミット氏には本気で
     一目置いているんだ。
     レベルの低いところで周囲に一目置かれる・・程度とは違うね(笑)

DAW.COM:そうですね!さすが世界的なDSP技術の権威です。
     N.Iの最新シンセの数々は相当に天才的です!!

面白いソフトシンセ

sunrizer.jpg
SUNRIZER

ハスキー:新しく登場したJP-80x0系のシンセ。これはいいね!
     なにか鬱憤を晴らすような登場の仕方!

DAW.COM:ですね、もうなにか相当に不快ですよね。何かというと
     しゃしゃり出てくる勘違いした人々の「存在」がです。

ハスキー:だね、もうはっきりウザイっていわれるべきだね。
     本来の使い方とか、どうでもいいんだよね。

DAW.COM:ですね、TR-909や808の本来の使い方はもはや
     テクノ・トランスなどのドラムシンセです。

ハスキー:うんうん。それで、何が勘違いと言えば、
     私たちの方があからさまに鍵盤演奏が上手なんだよね。

     ただ、あまりでしゃばらないから、あまり演奏してないに見える
     でも実際は風穴開けられちゃうぐらい、上手っていう(笑)

DAW.COM:そうですね!どう聴いてもリアルタイムで演奏してただ録音している
     という制作の仕方ですよね。

ハスキー:だね!ただ演奏してるだけなんだよね(笑)だって
     海外のCubaseはリアルタイム入力を重視しているから、演奏できないと
     力を発揮できない。

     それがレコンポーザーやQXなんちゃらだったら、もっと
     ロボみたい機械的な音楽になるよね。

DAW.COM:ですね、ハスキーさんのはもう生々しい上手な演奏そのものですね!

ハスキー:うんうん、そうなる。だからどこにコンプレックスがあるのか分からないけど
     勝手に私たちの上手な音楽を聴いて、
     ”あいつらは演奏が下手なんだ、だからプレイヤー重視のシンセでやっつけてやる!”

     なんて思っちゃいけないよね。完全に妄想だしね。

DAW.COM:単に返り討ちですよ。

ハスキー:そうなるね(笑)やっぱり西洋音楽自体が、海外の方が本流だから。
     その妄想のスターウォーズからすれば
     私たちの海外の流派がジェダイで、亜流はやっぱりシスなんだよ(笑)
     ただこちらはやっぱり寛容なだけ。

DAW.COM:なるほど、まったくですね。

ハスキー:うんうん、演奏能力一つとってみても、私含めて私たちの方が途方も無く上手という
     やっぱり”打ち込み”といものに頼りすぎ、”当てぶり”ばかりしているから
     演奏力も制作能力も落ちてきてしまうんだってこと

     ピアノすらろくに弾けてないという事になるよね。譜面も読めないしね。
     この弾けてないは、素人からみて凄くても、
     プロピアニストのレベルから見れば「まったく弾けてない」という事だね。

DAW.COM:さすがです!!まさにマスターです!!

ハスキー:だね(笑)私の師匠は本気で超人なので。表のメジャーでもはやされている勘違いちゃんたちの
     演奏能力なんて鼻で笑ってしまう程度のレベルでしかないもん
     さすがにバークリーの系譜のジャズ・クラシカルを極めている達人なので
     ピアノもギターも途方も無く上手(笑)

DAW.COM:ですね、本当に、パットメセニーにしろBTにしろ、ライズメイズにしろ
     その人たちを見て聴いたら、大声で笑ちゃいますよね(笑)

ハスキー:だね(笑)世界レベルの壁。マスターなんてホント自称すると
     名前負けすぎて、マエストロとか(笑)
     私の師匠の前で、私ですから音楽理論を恥ずかしくて語れない(笑)
     もっと勉強しないと・・恥ずかしい・・恥ずかしい(笑)

DAW.COM:ですね・・いわゆる師範代クラス(マスター)でも恥ずかしい!って
     凄すぎですよね。やっぱり穴に入りますね

ハスキー:だね!そのあたり、恥ずかしいという気持ちを、亜流の人々にも持って欲しいよね
     「恥ずかしいからやめてよ」という。

DAW.COM:とりあえずシンセサイジストとかシンセストとかでしょうね。
     トップといってもやっぱりマスターの下の下のクラスという。

ハスキー:うんうん、やっぱり海外バークリーの流れが本気で本気の最強メソッドだね(笑)

DAW.COM:歴史の重みですね。西洋音楽の創始からありますからね。

ハスキー:だね(笑) ただ、海外からのレッドブルミュージックアカデミーの人、
     私たちの流派が使わないハーフサイズシンセを一生懸命舐めるように使って
     同じ場所で、競いにくるって凄くいい姿勢だと思う。
     そのあたり日本の勘違いちゃんたちに、教えてやって欲しいね。
     お前らは単なるナード(オタク)なんだよ!と(笑)

データ主義と現場主義の落とし穴の話。

DAW.COM:勘違いちゃんが多く出てくるのは、やはり現場主義の落とし穴
     なのでしょうね。自分は音楽が売れているから
     シンセの世界でも売れっ子なのだという

ハスキー:そうそう。現実はすでにシンセが売れなくなっているよね。
     それはなぜか?と言えば、音楽クリエイター達とその予備軍の
     音楽リスナーの感性は、流行やクオリティに鋭敏なんだよね。

DAW.COM:つまりドラッカー曰く「陳腐化」ですね。すでに
     現在の流行は、表立って見えるものとは別のところに流れてしまっています。

ハスキー:そうそう、まさにその通りなんだよ!たとえば今なら、
     やっぱりTiestoよりもArminなんだよね。
     そのあたりが流行でもっというと
     Dave Audeなんだよね(笑)

DAW.COM:ですね(笑)たしかにDave Audeはいいクオリティでリワークしています。

ハスキー:うんうん。BTもLady Gagaもやっているしね。Wavesのエフェクトにもあるしね。

DAW.COM:日本は誰でしょう?やっぱりハスキーさんがリーダーとして引っ張っていますね。

ハスキー:そうだね。それで、シンセが売れないのはそのあたりに原因があって
     特に昔のデジタルロックやテクノな人々がそのサウンドを習得できない事

DAW.COM:そうですね、それで明らかに電子楽器の雑誌なども衰退しています。
     それがデータとしてなりよりの証拠です。
     しかしライブ会場などには人が集まっているからそこを見て
     売れていると思い込んでしまうという事なんでしょうね。
     実際は過去に人気があった時の顧客をすり減らしているだけです。

     何しろ、ハスキーさんがいなくなったとしても変わりませんからね
     むしろいなくなると急速に崩壊するのは確実に予想されます。
     原因の置き換え、擦りつけもたいがいにすべきです!

ハスキー:まさにその通りだね!秋葉原には電子楽器をメインに売る
     楽器店が一店しか無い状況。それは、
     巨大ヨドバシのせいではないね。むしろ売っているしね。

DAW.COM:ですね。なら、データからすれば、明らかに
     ハスキーさんがシンセを売っていますよね。

ハスキー:そうだね!それはもう、とある無料音楽雑誌時代から明らか。
     そんなことわかりきっているんだよね。

DAW.COM:それでもそれを認めないのは、よほどのうぬぼれがすぎるという
     事なんでしょうね。無関係な楽器店を巻き込んでまで。

ハスキー:そうだね!それは特にいけない事だね。
     それは何をどういっても正義にはなれないよね。

DAW.COM:人は常に自分を正義の側におきたがりますが。
     常に正義なのはハスキーさんの方ですね。

ハスキー:そうだね、自分自身が老いて、力が足りなくなってきて
     どんどん負けてきた。だから老いた悪人を助けてあげたいって
     間違っているよね。

DAW.COM:ですね。単に自分自身のため、人のためではないです。それって
     偽善にもなっていないですね。

ハスキー:うんまったくだね。しかしとりあえず偽善に戻り、正義を考えれば
     勇気を持って、悪と戦うべきだね。

     自分から「自分の魂」つまり武士の刀のようなものを取り上げた
     老いた悪人は先輩とか師匠とかではない。ただの悪の親玉。
     そこに逆らうのは怖い。かつてなら逆らったら自分の地位が
     あっという間になくなるかも?という・・

     でも今の状況は逆らっても大丈夫な状況。それで何が怖いのかって事だね。

DAW.COM:ですね。おどおどして、立場が弱いと勘違いする
     ハスキーさんにやつあたりしてもしかたありませんね。
     勇気がありません。精彩もありません。

ハスキー:そうだね。まったくだね(笑)「何が先輩だバカバカしい」
     普通の成果主義の感覚。

DAW.COM:そうですね(笑)IT企業やゲーム会社など華々しいところでは普通ですね。

ハスキー:うんうん。そうだね。とある科学の学園都市もそうだね(笑)

DAW.COM:セブンスウェルとか輪廻とか月光蝶とかでもありますすか?

ハスキー:うんうん(笑)確かにTFの映画で「臆病者なら生き残れる」と言うけど。
     それは正義とは言わない。逆に言えばオプティマスが勝った後なら
     臆病者の方がいいかもしれない。

DAW.COM:うーん!深いですね!

小説の話

ハスキー:まあ、再開される

DAW.COM:でもブレイブブレイド出てきませんね(笑)

ハスキー:うんうん、まあ(笑)

DAW.COM:今後は16歳の方が主役になる?

ハスキー:そうだね。当然だね。それで最後まで行くんだよ。
     皆が予想する通りの展開だよね。私はそこまでうぬぼれてないから
     正しい先人の正しいシナリオを忠実に守るつもり。

DAW.COM:明らかに予想される展開ですね。

     でも面白いですよね。勇気があると剣の力が発揮され、
     でもそこでなんで正義が関係するのですか?

ハスキー:それは勇気と正義が同じものだからだね。
     正義であるなら勇敢になれるはずってことだね。
     本当に正しい事を"自分を偽らず"行うとすればそれは
     とても勇気のいる事。

     だとえば学校で一人いじめられている子を庇うとか。

DAW.COM:ですね。助けたらじぶんもいじめられちゃうかもですね

ハスキー:で、臆病者なら絶対にそれは助けられない。だから勇気が必要。
     正義を成すなら勇気が必要だよね。場合によっては99,9%死んじゃうかも?

     でも0.1あれば人間には十分な確率。かけるに値する。

DAW.COM:なるほどそれなら確かに、ブリュンヒルデのように99,9%死ぬスイッチで
     死なないかもと(笑)クロネコになり(笑)

ハスキー:だね(笑)それは確かに勇気であって正義だね。
     そのあたり富野監督もガンダムシリーズで常に正しい事を描いているよね。
     特にZで。

DAW.COM:なるほどありがとうございます!!

ハスキー:最後に、一言言えば、いま身勝手な勘違いをしている大人より
     はるかぜちゃんの方が絶対に大人。心の年齢が70歳ぐらい(笑)
     なんか凄いなと思って!

DAW.COM:そうですね、はるかぜちゃんが時々、富野監督に見えます。
     それでは、ありがとうございました!

(C) このページの画像、文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。スクリーンショットもEOS (イーオーエス)が制作しています。

  • 最終更新:2016-04-17 18:27:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード