初心者にオススメのDAW

初心者にオススメのDAW

DAWの入門にはやはり機能が必要最小限のソフトの方が覚えやすいと思います。価格も安価ですのでぜひ、ここから始めてみてください。プロ用のソフトは、「これ何に使うの?」という機能が多くあり、プロ級に熟練した人だけが扱えます。

そこで、簡単なところから使っていくのがいいと思います。
オススメはStudio one Prime、Cubase AI、Sonar ARTIST、次にABILITY(プロ)です。
書籍の量も豊富で分かりやすいです

DAWマルチ音源がついてると、買って来たその日から、音楽を創ることができますので
マルチ音源の好みで、DAWを選択するのも良いと思います♪

Studio one Prime

オーディオ、インストゥルメントパート無制限。まだまだ未知数のDAW。完全に無償でこの性能はすごい。PresenceXTというソフト音源がついてきます。ただし、VSTの使用はできないので、本格的なVSTiの使用にはアップグレードする必要があります。
つまりFA-06やJUNO-DS、SYSTEM-1、JD-Xiを買っただけでも音楽ははじめられます。

ハスキーのFA-06攻略ブック

Roland FA-06やJUNO-DS、JD-Xiを入手してからのハード×ソフトのソフトウェアベースの
ハイブリットスタジオ構築術。SutdioOne Prime + FA-06の活用法など

SONAR ARTIST

64bit/384kHzで録音することが出来ます。Sound Centerというマルチ音源もついてきます。
上位版になるとD-Proという高機能マルチ音源もあります。
MIDIスコアを扱いやすい事に定評のあるソフトです。
TASCAMのオーディオインターフェイスを購入すると無償で付属してくるSONAR X3 LEもあります。
メンバーシップ制になったため、初期段階では安価になりました。気軽に購入して試してみるのがいいでしょう。

ABILITY2(プロ)

プロ版は中級者~プロ向けのDAWです。
プロ用のエフェクター(Sonnax Oxfordシリーズ)が付属しているため
一つのパッケージでクオリティの高い作品がつくれると思います。
Hyper Canvasというマルチ音源もついてくるため、かなりコストパフォーマンスは高いです。
ABILITYは分かりやすいソフトなので、プロ版をいきなり購入するのも一つの手だと思います。

Live Lite

ループ系DAWです、そのためガジェットとの連携に適しています。
KORG electribeRoland FA-07などを購入すると入手できます。気軽にそこから始めてみるといいと思います。

Cubase AI 4~9

YAMAHAのハード製品を購入すると無償で付属してきます。
24bit/192kHzで録音することが出来ます。オーディオ32パート+インストゥルメント16パート(6時点)まで使うことが出来ます。Halion Sonic SE(5以下はHalion One)という高音質のマルチ音源もついてきます。手軽で便利です♪
MIDIスコアを扱うよりもオーディオの録音重視で使う方が便利かもしれません。

Cubase0x

Cubase、VSTの歴史。より詳しいCubaseのページへ。
ソフトウェアベーススタジオ構築術。ソフトシンセの基礎など。

Logic

プロ用ですが、安価なのでMacをもっていたらいきなり購入するのもよいでしょう。ただし(エンバイロメントが)難解です。EXS24というソフト音源や他のソフトシンセも充実。

+オススメ初心者セット

音源つきのMIDI鍵盤が現在のおススメです。 その後にソフトシンセをいろいろ追加するといいと思います。

Roland編

fa_first.gif
・ノートパソコン
・Roland FA-06/FA-08 特集FA06/FA08star.gif
・FOSTEX PM0.4n (スピーカー)

YAMAHA編

mox_first.gif
・ノートパソコン
・YAMAHA MOXF6/MOXF8 特集MOXF6/MOXF8star.gif
(またはMX49/MX61)
・FOSTEX PM0.4n (スピーカー)

オーディオインターフェイスが内蔵されているオーディオシンセサイザーとノートパソコンの組み合わせが便利だと思います♪USB端子でStudioOneFree or CubaseAIとFA or MOXを接続するだけで、MIDIスコアもオーディオも簡単に動かせるのが最高ですよね。

また、スピーカーは絶対に必要です♪ サスティン&ボリュームペダルもあった方が良さそうです。
gt.gif
ギターの録音もできます♪

ループを使った手軽なDAW

Acidに代表されるループを使って手軽に音楽制作できるDAWもあります。プロで多用する方もいますのでとても優秀なソフトです。

・FL Studio FL Studio12

初心者が手軽に扱える事で定評あるFL Studioです。
実際に初心者の人が、いきなりいい感じの曲を作ることが出来ることで有名です。

・BITWIG BITWIG2
・Ableton Live
・MAGIX Music Maker 3
・Steinberg Sequel
・Apple GarageBand
・XT Software EnergyXT
・VEGAS ACID

MPCスタイルを使ったDAW

mpcstyle.gif

鍵盤主体のDAWを使うのが難しいと感じたら、MPCスタイルのDAWを使ってみると良さそうです。

・NATIVE INSTRUMENTS MASCHINE STUDIO
・NATIVE INSTRUMENTS MASCHINE
・NATIVE INSTRUMENTS MASCHINE MIKRO
・AKAI MPC Touch
・AKAI MPC Studio
・AKAI MPC Element

DAW mini

パソコンでDAWを動かすのが難しいと感じたら、iPadやiPhoneをハード機器で拡張してDAW miniとして使うと良さそうです。
iPad Dockとスピーカーを加えれば、一気に、素晴らしい音の音楽スタジオに早変わりします。

daw_mini.gif

例 :iPad+SYNTHSTATION 49+FL Studio Mobile

ハード

・AKAI SYNTHSTATION 49(iPad)
・AKAI SYNTHSTATION 25(iPhone)
・AKAI iMPC Pro(iPad)
・AKAI iMPC(iPad)
・AKAI MPC FLY(iPad)
・ALESIS iO Dock WHITE (iPad)
・ALESIS iO Dock (iPad)
・Focusrite iTrack Dock (iPad)
・Roland DUO-CAPTURE EX (iPad)

ソフト

・FL Studio FL Studio Mobile

初心者が手軽に扱える事で定評あるFL StudioのIpad/iPhone版です。
実際に初心者の人が、いきなりいい感じの曲を作ることが出来ることで有名です。

・KORG Gadget

30個以上のガジェット楽器コレクションをシーケンサーで縦横無尽に組み立てましょう。

その他iPad音楽アプリ

ワークステーション&グルーヴメーカー

iPadを動かすのも難しいと感じたら、定番のワークステーション&グルーヴメーカーを使ってみると良さそうです。

fa06Ws.gif
FA-06はワークステーションとしても活用できます。MPCスタイルのドラムパッドを使った音楽制作もできます。
当然、PCとの連携へのステップアップも!かつてのSC-88Proのように使えるのが大ヒットの要因です

drummpc.gif
・AKAI MPC X
・AKAI MPC LIVE
大復活したAKAI MPCシリーズ、ドラムパッドを使った音楽制作が、ハードのみでも行え、さらにPCとの連携へとステップアップも!

定番のクラシックMPCも、まだ探せば見つかるかも?

・Dave Smith Instruments Tempest
ドラムにもシンセ音にも使えるグルーヴボックス。
MPC60やMPC3000などを開発したRoger Linnも一緒に手がけているそう。

・AKAI iMPC Pro(iPad)
・AKAI iMPC(iPad)
iPad バージョンも。本家だけありドラムパッドとしての完成度は相当なものです!

・NATIVE INSTRUMENTS iMASCHINE(iPad)
MASCHINEもあります。

electribe.gif
・KORG electribe
定番のグルーヴボックス。16パートも鳴らせこれ一台で、様々な音楽が!

sh-101_red.gif
・Roland SH-01A
・Roland TR-08

四倍のパワーのSH-01Aの100ステップシーケンサーで、16ステップからさらにステップアップしよう!
使い方によってはメロディから、いろいろな曲が創れます。
まさに温故知新の最新シンセです。SH-101+TR-808が音楽制作のはじまりという事は非常に多いです!

トリプルグルーヴボックス

iPadを動かすのも難しいと感じたら、グルーヴボクッスを三つつなげてトリプルグルーヴボックスとして使ってみると良さそうです。

trigb.gif

Korg 「volca
・KORG volca keys
・KORG volca bass
・KORG volca beats
・KORG volca sample
・KORG volca FM
・KORG volca Kick

gajet_style.gif

・Roland AIRA
Rolandもあります。 基本の三つ以上にさまざまなグルーヴボクッスetcを連結していけます!


・Roland Boutique

・Arturia BEATSTEP
ステップシーケンサーのないSYSTEM-1などに追加すると楽しく使えそう!

MTR(マルチトラックレコーダー)

パソコンやiPadなどが苦手でも音楽はできます♪
agt.gif mtr.gif
ギター一本とMTRがあればいいのです。

MTR

・BOSS BR Seriespickup.gif
・ZOOM MRS-8
・TASCAM DP-004

その他にマイクやリズムボックス、ベース(音源?)などがあると良さそうです。

fa06Ws.gif
FA-06は高性能ドラムマシンとしても活用できます。
SN-Dは非常に音が良く、初心者でもいい結果が出せます

DAWを使う前に、楽器を練習してみよう♪

metoro
DAWは、やはり楽器や譜面を使いこなせてこそ、威力を発揮するものです。まずピアノやシンセサイザー、ギターで簡単な曲を演奏することからはじめましょう。 そして、ハードのシーケンサー→DAWと学んでゆきましょう♪

毎日10分で良いので、とにかくコツコツさわるようにしましょう。 慣れる事が大事です。 やがて10分が、20分に、20分が30分に・・・とDAWや楽器演奏だけに集中できるようになります♪

初歩の鍵盤演奏


注: 現在、ハードのシーケンサーはプロの作曲家、DAWクリエイターにはまったく使用されていません♪
   DAWのLogic、Cubase、Perfomer、Sonarが標準です。

DAWを使う前に、読書をしよう♪

book
長時間の継続力や読解力を身につけるには、読書が最適です♪とくに長編の小説を最後まで読んでみると良いと思います♪心に潤いが生まれれば、DAWもきっとそれに応えてくれると思います。

DAWを使う前に、コンピューターの基礎を覚えてみよう♪

dawf
DAWを快適に動かすには、コンピューターの基礎が必要です。インストール/アンインストール。コンピューターのメンテナンスなどを覚える必要があります♪DAWを上手に使うにもコンピューターの基礎が分かっていてこそ上手に扱えます♪ 素晴らしい作曲家・DAWクリエイターは自分の道具であるDAWとコンピューターの構造を熟知していますよね。

DAWのMIDIシーケンサーをまず覚えよう♪

dawseq
DAWで高度な作曲・伴奏を創るには、まずMIDIスコアのプログラミングをしっかりと習得する事が大事です♪ やはり基礎があってこそ発展していくのです♪ リアルタイムプログラミングには、メトロノームにきっちりと合わせて演奏できるピアノ、シンセサイザーの演奏の高度な技術が必須です♪

初心者のうちはオーディオ機能は封印しておきましょう♪

multione
そして、まず一つのマルチ音源を集中して覚える事が大事です。まずは狭く深く使いこなすことを目指しましょう♪ Halion Sonic SE、TTS-1、Hyper Canvasなどまず一つ熟知する事が必要です。マルチ音源一つでもかなりの事ができるし、音色を知り尽くして見ましょう♪

GM音源リスト


初心者のための無償ソフトシンセ


次のステップとしていろいろなVSTiをインストールして使用してみましょう。
それだけでも使用できる音色の幅がかなり広がります。

初心者のためのソフトシンセ


さらに次のステップとしてリズムマシンなどを購入してインストールしてみましょう。
ドラム、ギターなどパターンを使って比較的簡単に、素敵な音楽が作れます。

DAWを使う前に、聴音を練習してみよう♪

musciear
演奏や歌を歌うには音感が当然必要とされます。まずメロディだけでも完全に聴音できるように練習してみましょう♪ 音感があってこそ、音階を認識できるのです。必要な音感は相対音感です♪

素晴らしい作曲家&DAWクリエイターは、みな訓練によりとても強力な相対音感を習得しているのです。転調を駆使する西洋音楽では移動ドで演奏する事が必須です。民族音楽など世界の音楽にも対応できます。そのため固定音感(絶対音感)よりもあらゆる面で有利です。

聴音のみですべての音を正確に楽器で再現する事ができます。 即興演奏も得意です。さらに音程を持たないドラムやパーカッションの音の構造もはっきり聴き取れます。

訓練をして極めると

旋律を聴いただけで音名を正確に言い当てる事も可能です。その超越的な能力は貧弱な固定音感(絶対音感)を遥かに凌駕するものです。

注: 固定音感(絶対音感)はむしろハンデになるものです。音程を当てる事は出来ても、そこからの発展性がありません。

DAWを使う前に、音楽理論を覚えてみよう♪

musictheory
上手に演奏をするには、音楽理論を理解する事が必要です。音階をはじめ、西洋音楽には和音が絶対に必要です。簡単なメロディを演奏する場合でも和音を意識すると、より上手に弾けるようになります。 古典のクラシックにも、現代よりも厳しい音楽理論が定められているのです。

音楽を理論的に考える技術が高度に身につくと、いつか作曲や伴奏を創る段階にまで発展する事が出来るでしょう♪

音楽は人間が聴くものなのですから♪

raretu
ただの音の羅列です!

move
ネコはどんどん動いちゃう♪

mouseup.gif
ネズミがハシゴを使う事を学習すればチーズは取れる♪

(C) このページの画像、文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。

  • 最終更新:2017-08-13 11:14:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード