ボコーダー入門

ボコーダー入門


 DAWでプラグインのボコーダーを使用するには。

ボコーダーは、ハスキー、アンダーワールド、SystemFで有名なロボットボイスを作るエフェクターです。

注:ボコーダーはケロケロボイスではありません。

1.オーディオトラックをDAW上に作り、そのオーディオトラックにボコーダーをインサートします。
dawvoco1.gif

2.MIDIトラックをDAW上に作り、鍵盤からの演奏情報を、ボコーダーのシンセサイザー部分に送ると言う特殊な設定をします。
dawvoco2.gif

3.ボコーダーをインサートしたオーディオトラックを選択し、鍵盤を演奏しつつ、声をマイクから吹き込みます。そうすると、ロボットボイスを鳴らすことが出来ます。
dawvoco3.gif

また、オーディオトラックに録音しておいた音に、鍵盤から演奏する事でボコーダーをかける事が出来ます。

さらにボコーダーにはいろいろなプリセットが付いていますので、いろいろ試してみるのが良さそうです。ボコーダーの種類によって、出音が異なりますので、好みで選ぶと良さそうです。

Cubaseのレガシーのボコーダーはかなり出音が明瞭ですので、いろいろ活用できそうです。

現在手軽につかうならg200kg VOCOVEEでしょうか。

(C) このページの文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。

  • 最終更新:2013-11-02 11:12:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード