デジタルピアノ入門

デジタルピアノ入門


 いろいろな音源がありますが、永遠の一番人気はやはりデジタルピアノでしょうか
ハードのデジタルピアノ、ソフト音源のデジタルピアノの使い方を紹介していきます。

サスティンペダル
pianosp.gif
 ピアノは表現力の低い楽器ですから、良い演奏表現のために
ペダル(サスティンペダル)が重要になってきます。
そのために、デジタルピアノ、オーディオシンセサイザーを使う場合にも
ペダルが必要になります。

特に大容量のピアノ音源では、ペダルを踏んだときの音色変化も再現できるように
設計されていますから、ぜひ活用するべきでしょうか。

場合によっては、ソフトペダルや、ソステヌートもついて来ます。
普通のペダルほどは使いませんが、現代のピアノ曲を演奏するときには
必要な時が多々あります。

良いペダリングのために書籍「ピアノ奏法」は
絶対に読んでおくべきだと思います。ピアノの演奏に関する名著です。

pp~ffで音色が切り替わる
ptouch.gif
 多くの場合、pp~ffで音色が切り替わるようになっています。
そのためピアノのタッチ(強弱)を上手に使いこなせる事がデジタルピアノを
扱いこなすには重要になってきます。

ピアノは表現力の低い楽器ですから、強弱でアティキュレーションをつけていく
ことがとても大事になります。

そのため良いピアノの演奏とは高度で超繊細な指の動きや体の動きが要求されます。

大容量のピアノ音源では強弱を何段階に分けて、本物のピアノから録音している
データを使っていますので、プリセットにデータ容量を節約した音色、
データ容量を豪華に使った音色というふうに別れています。
いろいろな場面で使い分けると良さそうです。

シーケンサー(録音機能)
 多くの場合、デジタルピアノには簡単なシーケンサー(録音機能)がついて来ます。
練習に活かしたり、作曲のメモに使うことができます。
また、ピアノ曲ならその簡単なシーケンサー(録音機能)でも一発録音すれば
作曲できるはずです。

ハードのデジタルピアノには、いろいろな種類の音色も備わっています。

エレクトリックピアノ、オルガン、ストリングス等も選択できるようになっていて
簡単なオーディオシンセサイザーのように使う事も出来ます。

(C) このページの文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。

  • 最終更新:2012-02-10 09:58:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード