アティキュレーション

アティキュレーション


 音楽でアティキュレーションは大事です。

ピアノの演奏を例にとれば、ただ、譜面をなぞって演奏するだけでは音楽とは言えませんよね。

DAWにMIDIプログラミングするときでも、まず強弱でアティキュレーションをつけるべきです。

それだけでも相当変わります。上手な人がMIDIプログラミングすると、
シンセ音源なのか、本物の楽器なのか分からないところまで作りこむことが出来ます。

上手なMIDIプログラミング=演奏力 なので、まずピアノの演奏力を上げる必要がありそうです。

そうなると、ピアノ譜面のpp、ff、クレッシェンド、スラー、ペダルなどの意味と効果が分かるようになると思います。

articulation.gif

入力したデータを、リストエディタで見ると分かるのですが、
強弱が一定になっているデータは無味乾燥で面白くありませんよね。

そこで、強弱を付けて、抑揚を付けるのが基本中の基本です。

(C) このページの画像、文章はすべてEOS (イーオーエス)が著作権を保有します。

  • 最終更新:2012-02-04 12:29:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード